日本初のケーブルカー、「生駒ケーブル」に乗ってきました

日本初のケーブルカー、「生駒ケーブル」に乗ってきました

ちょうど近鉄線内で京都市営地下鉄20系の試運転があった日、帰り道に生駒に寄って生駒ケーブル(生駒鋼索線)に行ってきました。

生駒ケーブルに乗るのは20年ぶりかそこらで、大阪に住んでいると「近いけど意外と行かない」、そんな路線です。

 

生駒ケーブルは、生駒駅近くにある鳥居前駅~宝山寺間の宝山寺線と、宝山寺~生駒山上間の山上線の2路線が敷設されています。

生駒ケーブル(宝山寺線)の開業日が大正7年8月29日だったことから、同日は「ケーブルカーの日」として制定されるほど由緒正しき路線。

宝山寺線は通勤客もいる日常路線山上線は殆どが山上にある遊園地への行楽路線で、同じケーブルカーでもその性格は全く異なります。それぞれを紹介しましょう。

 

 

宝山寺1号線

阪奈民には有名な「ブル・ミケ」のケーブルカーがいるのがここ。

車両的には「コ11形」というモデルで、外観を犬と猫にカスタムしています。通勤でこれに乗るのか…

コ11形「ブル」。2000年に近畿車輛で製造・登場した2代目車両で、その名の通りブルドックをイメージしたデザインになっています。

コ12形「ミケ」。ブルと同じタイミングで登場した車で、三毛猫をイメージ。キャビン内では「ねこふんじゃった」のBGMが流れています。

 

ブルとミケのケーブルカーは「宝山寺1号線」と呼ばれ、途中の鳥居前3号踏切ですれ違います。

ケーブルカーではありますが、通勤通学需要もあるので20分間隔、かつ6時~23時まで運行。点検日以外は終日こちらの宝山寺1号線が運行されます。

 

ちなみに、本物の「ブルドック」「三毛猫」を持ち込むことも可能です。手回りきっぷを購入してゲージに入れることが条件となります。

 

 

宝山寺2号線

華々しい「ブル・ミケ」の1号線とは随分テイストが異なり、こちらは昔ながらのケーブルカーの佇まいを見せる宝山寺2号線。基本的には1号線が点検日となる毎週木曜日(朝ラッシュ以後のようです)のみ運行されます。

1953年に登場したこのコ3形「すずらん」は、現役では最も古いケーブルカー車両です。

「ブル・ミケ」が登場した2000年に生駒市の小学生に描いてもらったイラストを貼り付けて「ゆめいこま号」として長らく運行されていましたが、開業95周年を記念して登場当初のカラーリングへと復刻が行われました。

 

相方となるコ4形の「白樺」号。

何故かこれだけ漢字ですが、ひらがなにして反対から読むと「ばからし」と読まれるから…だそうです。

 

このように「ブル・ミケ」の宝山寺1号線と、「すずらん・白樺」の宝山寺2号線、2つのケーブルカーが敷設されています。すなわちこの宝山寺線は複線(厳密には単線並列)なのです。

ちなみに、宝山寺2号線は1号線の点検日(毎週木曜日)に運行される他、正月には参拝客輸送で1号線・2号線の両方がフル稼働するシーンも見られるそうです。

 

山上線

宝山寺駅から更に上がるには、2つ目のケーブルカーに乗り換えです。

こちらは山上線と呼ばれ、完全に観光需要のみとなるので40分間隔、18時までの運行となります。

使用されている車両はコ15形で、それぞれ「ドレミ」「スイート」という愛称があります(写真はドレミ編成)。

今回はこちらに乗らなかったので、簡単な紹介だけに留めておきます。

 

 

ギャラリー

宝山寺駅も駅名標は新しいフォーマットに変化していますが…

昔の黒地背景の看板もまだ残っていました。

発車標も綺麗に手入れされています。

宝山寺駅では日本全国のケーブルカーを比較したホワイトボードを設置。

近畿日本鉄道(生駒ケーブル)が堂々一番上に掲げられており、こころなしかちょっと誇らしげに見えますね。

 

関連リンク

【近鉄】生駒ケーブル、運賃を130円値上げへ

【37年ぶり】東信貴ケーブルが信貴山下駅で公開へ!232万円の寄付金を集める

 

参考文献

近畿日本鉄道「生駒ケーブル開業95周年を記念して「すずらん号、白樺(しらかば)号」が復活!~生駒ケーブル宝山寺2号線車両のリニューアル塗装を実施しました~



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
27日(水)
28日(木)
29日(金)
30日(土)
31日(日)

近畿日本鉄道カテゴリの最新記事