【近鉄】生駒ケーブル、運賃を130円値上げへ

【近鉄】生駒ケーブル、運賃を130円値上げへ

撮影:もとやま(仮 様

近畿日本鉄道は、鳥居前(生駒駅)~生駒山上間で運行している生駒鋼索線(生駒ケーブル)の運賃を値上げを国土交通省へ申請したと発表しました。

値上げの対象となるのはいずれも宝山寺線鳥居前から山上線梅屋敷・霞ヶ丘・生駒山上への運賃で、現行370円なのを500円へと値上げします。

認可されれば、2021年3月1日から新運賃が適用されます。

 

 

値上げは鳥居前発・山上方面のみ

生駒ケーブルといえば、車体が犬の「ブル」、ねこの「ミケ」がいる路線で有名ですね。

ケーブルカーというのは、概ね観光地や寺社仏閣へのアクセスがメインとなることが多いのですが、生駒ケーブルに関してはやや事情が異なり、宝山寺線には沿線に住居が存在します。

 

今回は生活路線である宝山寺線の値上げは避け宝山寺線・山上線直通区間(2区運賃)だけの値上げに留まった形です。

宝山寺線は朝~晩まで運行されますが、山上線については9-18時のみ、運行間隔も40分程度。途中駅の梅屋敷・霞ヶ丘は殆ど乗客はいない秘境駅となっています。

2000年3月に540円だった運賃を350円へと値下げしていますが、今回は20年ぶりに元の水準へ戻った形です。

 

 

関連リンク

【37年ぶり】東信貴ケーブルが信貴山下駅で公開へ!232万円の寄付金を集める

 

参考文献

近畿日本鉄道株式会社「生駒鋼索線一部区間の普通旅客運賃の改定(届出)について

 




近畿日本鉄道カテゴリの最新記事