阪急電車の正雀車庫を見てきました

阪急電車の正雀車庫を見てきました

先日の記事で書いた宮原向日町に行くついでに、摂津市の阪急正雀車庫にふらっと立ち寄ってきました。

 

実は初めての対面

まず出迎えてくれたのは保存車となっているらしい2300系(2301-2352)。昔の阪急の顔つきですね。

2016年に廃車となった後、手入れがされて保存されています。社章も昔のマークが復元されているようです。

 

続いて出迎えてくれたのは6300系、京とれいんです。

手前にいるのが、初代京とれいん6300系。10周年だそうですが私自身は今回初めて見ました

なかなか走っている時には出会えないのですよねぇ…。

その左側にいたのが2代目京とれいん「雅洛」7000系です。こちらも初見…

整備中の阪急電車を見かけました。ちゃんと整備しないとこんなにくすんでしまうのですね…。

 

少し戻って……こちらには中間車転落防止用の幌が取り付けられたままの顔の電車(5131)が見えます。

その右側には、「救援」と書かれた車両(7104F)が留置されていました。ちょうど整備中だったようで作業員の方が何かゴソゴソされていました。

お仕事中に失礼しました

 

関連リンク

【阪急】運転席の「コウペンちゃんぬいぐるみ(特大)」が発売へ

【悲報】阪急、車両牽引車に「フンコロガシ」と名付けてしまう

【阪急】武庫川新駅、8年の審議を経て検討合意。阪急神戸線

 



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
22日(木)

阪急電鉄カテゴリの最新記事