【阪急のア】有料座席車「プライベース」、2024年7月デビューへ

【阪急のア】有料座席車「プライベース」、2024年7月デビューへ

当サイトで断続的にお伝えしている、阪急電車の「ア」こと有料座席車「プライベース(PRiVACE)」ですが、デビューが2024年7月に決定したようです!

また、車内や料金についての詳細も明らかとなっています。

 

簡単にまとめると…

要点をまとめると、今回の発表で判明したポイントは以下。

・座席は2+1
・読書灯、コンセント付き
・Wi-Fi、空気清浄機もあり
・座席料金は500円
・阪急特有の深緑(ゴールデンオリーブ)座席
・新車の2300系の他、一部9300系へも連結
・共用荷物コーナーもあり

500円という料金は、対岸を走るライバルの京阪電車「プレミアムカー」に合わせてきた形でしょうか。

あちらが先進的さ・都会さを演出しているのに対し阪急はコンサバティブ、伝統を押し出している感じですね。

以前もお伝えしたように、プライベースの車両となる2350号車は、阪急伝統の栗色にゴールドのラインが入ったデザイン。

まるで旧型客車の一等車を思わせる出で立ちからも、それが伺えます。

 

車内の様子

出典:阪急電鉄 1)

車内は2+1の座席配列でゆったりとしています。

頭の横まで覆う仕切りの他、2列席にはプライベースを象徴するような大きいパーテーションが用意されました。

阪急こだわりの座席といえば、このふかふかなモケットですね。

あの質を維持したままゆったりと大阪~京都間を過ごせるのは嬉しい…!!

阪急も座席を推しているようで、リリース内には以下のような説明が見られます。

ゴールデンオリーブ色の座席生地を用いた伝統的なデザインを踏襲しながら、プライベート感と快適性
を追求しています。
配席は3列(2列+1列)とし、一般車両の座席と比べて、座席幅と足元の前後のスペースを広くとる
とともに、リクライニングに座面が連動する機構を採用することで、快適な乗車環境をご提供します。ま
た、周囲の視線が気にならない座席頭部側面の形状や2列シートに設けているパーテーションにより、
“自分だけのプライベートな空間”を感じていただけるようにしています。そのほか、収納式テーブル、
ドリンクホルダー、荷物用フック、マガジンラック、読書灯、コンセントなどの機能を備えています。

出典:阪急電鉄 1)

 

出典:阪急電鉄 1)

車両内に1つだけ設けられた格調高い扉は、内側から見るとこんな感じに、

壁面上部には大理石を用い、下部には木目調の化粧板を容易。ダウンライトがそれらを優しく照らします。

プライベース車両には、専属のアテンダントさんも添乗するとのことです。

 

冒頭でも書きましたが、運行開始は2024年7月からとのこと。楽しみですね!

 


◀Tetsudo.comへ戻る

 

関連リンク

【ア】阪急の有料座席車「プライベース」が陸送搬入!

【阪急】新車「2300系」の顔を見てきました

京阪プレミアムカーのここがすごい!!

参考文献

  1. 阪急電鉄「当社初の座席指定サービス『PRiVACE(プライベース)』 2024 年 7 月デビュー!プライベート感と快適性を兼ね備えた、上質な内装デザインで誕生!
4月18日(木)
4月19日(金)
4月20日(土)
4月21日(日)
4月22日(月)
4月23日(火)
4月24日(水)
4月25日(木)
4月26日(金)



阪急電鉄カテゴリの最新記事

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Braveでは閲覧できません

Braveでの閲覧はお断りしています

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock