【2022年最新】日本一遅い終電はどこ?

【2022年最新】日本一遅い終電はどこ?

以前の記事でご紹介した「日本一遅い終電」。

2021年改正時点では、JR四国の「快速マリンライナー77号」がもっとも遅い終電でした。

しかし2022年のダイヤ改正でそれがなくなった今、もっとも遅い終電は他の路線へと移動したことになります。

 

ということで、2022年現在「もっとも遅い終電はどこなのか?」を調べてみました。

 

平日の1位は…

撮影:ねこ乗務様

平日ダイヤにおいてもっとも遅い終電は、東武野田線の船橋発七光台行きです。

最後の七光台に到着するのが1時16分になっています。

 

休日の1位は?

先程の東武野田線の終電はあくまで平日のみのダイヤ。今年から平日と休日でその頂点の座が変わることになりました。

終電というのは「その日の最終電車」という意味なので、曜日でダイヤが異なると終電も変わってきます。

ということで休日ダイヤも調べてみたところ、野田線とは異なり2つの路線が1位となっていました。

 

JR神戸線:普通西明石行き

1つは、JR神戸線の西明石行き普通電車西明石に到着するのは1時14分です。

 

高崎線:普通高崎行き

もう1つは高崎線の高崎行き各駅停車。こちらも、高崎に到着するのは1時14分と西明石行きと同着になります。

休日ダイヤにおいては、この東西の両雄が日本一遅い終電ということになりそうですね。

 

 

「日本一遅い終電」の歴史

これまでの変遷についても分かる範囲でまとめました。

2022年…
平日:東武野田線七光台行き(七光台1:16着)
休日:JR神戸線普通(西明石1:14着)、高崎線普通(高崎1:14着)

2021年…瀬戸大橋線快速マリンライナー(高松1:21着)

2019年…JR神戸線普通(西明石1:36着)

2017年…JR神戸線普通(西明石1:38着)

2014年…中央線各駅停車(高尾1:37着)、高崎線普通(高崎1:37着)

こうして見ると、終電自体も段々と繰り上がっているのですねぇ…。

2017年と比較すると20分近く繰り上がったことになります。今後もこの時間が維持されるのでしょうか…。

 

関連リンク

日本一遅い終電「マリンライナー77号」が廃止へ…次の候補は?



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
24日(火)
25日(水)
26日(木)
27日(金)
28日(土)
29日(日)
30日(月)
31日(火)
1日(水)

コラム・ネットリテラシーカテゴリの最新記事