JR西日本の「お嬢サバ」を食べてきました

JR西日本の「お嬢サバ」を食べてきました

皆さんは、JR西日本がサバや牡蠣など海産物を作っているのをご存知ですか?

プレミアムオーガニックフィッシュ」と名付けられたこのブランドは、地元業者とJR西日本がタッグを組み、陸上養殖で様々な海産物を作って拡販していくという取り組みです。

 

当サイトでも以前、鳥取県大山で育てられている「クラウンサーモン」をご紹介しました。

 

今回はそれに続くJR西日本のプレミアムオーガニックフィッシュ第2弾として、「お嬢サバ」を食べることが出来たのでレビューしてみます。

 

メス?

こちらがお嬢サバを使ったお寿司です。クラウンサーモンと違って見た目は普通の青魚といった佇まいですね。

サバなのに青魚特有の臭みがなく、非常にあっさりとしていて食べやすい。

 

何故「お嬢」なのでしょうか。「メスのサバだけを使っているからとか…?」とJR西日本のサイトを調べてみたところ…

 

違いました。

ウィッス

 

地下海水を使い陸上養殖で虫が付かないよう大切に育てられたプロセスが
「箱入り娘」を連想させることから「お嬢さま」にちなんで名付けました。

出典:JR西日本 1)

 

なるほど、箱入り娘的な思想なんですね。箱入り娘を食べるのか…

 

 

どこで食べられる?

「お嬢サバ」と名付けられたこの鯖は、茨木駅にあるJR西日本養殖事業の直販店「PROFISH」で買うことができます。

PROFISHではお嬢サバの他、「オイスターぼんぼん」や「とれ海老やん」などJR西日本の養殖事業で育てられた逸品が勢揃いしています。

13時頃に行った時点ではだいぶなくなっていました。早めに行かないといけませんね…。

 

 

関連リンク

JR西日本の「クラウンサーモン」を食べてきました

 

参考文献

  1. JR西日本「お嬢サバ

 



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
22日(木)

JR西日本カテゴリの最新記事