長崎電気軌道、6000形デビュー日を3/24に決定!世界初のロング超低床車に

長崎電気軌道、6000形デビュー日を3/24に決定!世界初のロング超低床車に

当サイトでも断続的にお伝えしている、長崎電気軌道11年ぶりの新形式6000形のデビュー日が2022年3月24日の午後からと決定したようです!

驚くべきことに世界初の機構が組み入れられています。(後述)

 

気になる新機軸

6000形は大阪のアルナ車両にて製造されており、2月18日に大阪を出発して六甲アイランドの船着き場に到着。その後長崎まで船便で輸送されました。

鮮やかなライムグリーン色は「スプリンググリーン」と名付けられています。

 

出典:長崎電気軌道 1)

今回の新車は単車のロングシート車でありながら、世界初の(通路部分のみ)フルフラットなバリアフリー車両(100%超低床車)になっているのが特徴です。

この構造は路面電車としては革命的なもので、今後単車形のアルナ車両モデルを導入する事業者のスタンダードになっていくことでしょう。

また室内照明には面発光LEDを採用。LED特有のギラついた眩しさを低減しつつ、明るい車内を実現しているそうです。

 

尚、6000形の製造費は1億9500万円で、来年度(2022年度)にも1編成が投入される見通しです。

 

判明している仕様

形式 6000
製造メーカー アルナ車両(リトルダンサー)
自重 18t
定員 62名(座席28・立席34)
車体長 12,200mm
車体幅 2,300mm
全高 3,740mm(パンタ折りたたみ時)

 

関連リンク

【長崎電気軌道】新車「6000形」が陸送される

長崎電気軌道、新車「6000形」の投入を発表

 

参考文献

1) 長崎電気軌道「6000形(6001号) 令和4年3月24日午後から運行開始!

長崎電気軌道「6000 Light rail vehicle



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
22日(木)

他鉄道カテゴリの最新記事