富山地方鉄道10030形編成表

富山地方鉄道10030形編成表

富山地方鉄道の鉄道線(本線・立山線等)で使用される10030形電車の編成表です。

2021年現在、稲荷町テクニカルセンターにおいて7本が配置されています。

長らく富山地鉄の主力として活躍してきましたが、2021年から廃車が出始めています。

 

所属車両基地:稲荷町テクニカルセンター

運用路線:本線・立山線・不二越線・上滝線

 

稲荷町所属

 編成名 基本編成
←電鉄富山・宇奈月温泉 | 上市・立山→
譲渡年 廃車/備考
第1編成
モハ10031

モハ10032
1990年
第2編成
モハ10033

サハ31

モハ10034
1990年
(サハ31は2013年)
京阪特急色/2階建て車両
第3編成
モハ10035

モハ10036
1991年
第4編成
モハ10037

モハ10038
1991年 2021.11
第5編成
モハ10039

モハ10040
1991年
第6編成
モハ10041

モハ10042
1991年
第7編成
モハ10043

モハ10044
1992年
第8編成
モハ10045

モハ10046
1993年

※上市でスイッチバックを行うため、方向が変換します

 

 

付番方法

富山地方鉄道では、伝統的に電動機の出力+形式という付番方法を採っています。10030形は、100馬力の電動機+30形という意味になります。

つまり電動機付き車両の「モハ」なら10030という車番になりますし、電動機がないダブルデッカーエキスプレスの2階建て車両のような「サハ」なら30だけの車番になります。

 

関連リンク

廃車が始まった富山地鉄の「かぼちゃ電車」を振り返る

【富山地方鉄道】五百石駅仮駅舎時代の写真



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
24日(月)

富山地方鉄道カテゴリの最新記事