まもなく解体?クモヤ443が吹田に留置中

まもなく解体?クモヤ443が吹田に留置中

吹田総合車両所の側線において、クモヤ443系とクモヤ145系の2編成が留置されています。

クモヤ443系は今年度中で引退と公式発表があったことから、まもなく解体されるのではないか…という憶測が広がっています。

 

解体線?

クモヤ442-2側車両を見ると、真ん中にあった扉が抜かれて(もしくは開けられて)開放された状態になっています。

この区画は、かつて廃車になっていった105系や213系マリンライナーが留置されていた場所でもあり、解体されることの間接的な裏付けになっています。

但し、213系はこの場所に移動後3年ほどそのままだったこともあり、解体はされるが直ちに解体されるかどうかというのは微妙なところです。

 

またクモヤ443系の前方にはクモヤ145系も留置中NZ145編成が廃車という情報があり、こちらも動向が注目されます。

 

JR西の検測車

クモヤ443系は、1970年代に登場した電気検測車両です。

485系のような面影を残しつつ、遠方からでもはっきりと見えるように赤13号とクリーム4号の警戒色が塗り分けられた、実に機能的・実用的に徹したデザインとなっています。

 

冒頭でも書いたように、クモヤ443系は今年度中で引退することが発表されており、代替車両として電気式気動車のDEC741が今月落成しています。

 

関連リンク

 

「クモヤ443系」とは?最後の国鉄式検測電車を振り返る

クモヤ443系編成表-(事業用検測電車)

【速報】新型検測車「DEC741」登場!試運転を実施

 



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
6日(月)
7日(火)
8日(水)
9日(木)
10日(金)

JR西日本カテゴリの最新記事