【JR東海】150億円の黒字→300億円の赤字へ予想修正。2期連続の赤字へ

【JR東海】150億円の黒字→300億円の赤字へ予想修正。2期連続の赤字へ

JR東海は、2021年度(2022年3月期といいます)における業績予想を赤字へ修正すると発表しました。

これまでは150億円の黒字を見込んでいましたが、300億円の赤字になると予想しています。

今のところは東海だけの発表ですが、昨年度大きな赤字を出していたJR各社も同様の修正発表が行われる可能性があります。

 

ビジネス客が…

御存知の通り、JR東海の稼ぎ頭は東海道新幹線です。16両・1323座席の統一など徹底した効率化と最新のN700S系投入を行うなど大阪と東京を結ぶ主要幹線として機能しています。

東海道新幹線の利用客は観光客とビジネス客ですが、JR東海社長はビジネス客においての利用は慎重になっているという見方を示しています。

2021年7~9月の四半期決算では、売上高が2063億円、損益は160億円の赤字となっています。

 

JRの昨年度決算

売上高営業利益純利益
JR東海8235億1700万円▲1847億5100万円▲2015億5400万円
JR東日本176458400万円▲5203億5800万円▲5779億円
JR西日本8981億7200万円▲2455億4400万円▲2332億1400万円
JR九州2939億1400万円▲228億7300万円▲189億8400万円
JR北海道
(未上場)
1119億円▲805億円▲410億円
JR四国
(未上場)
277億円▲259億円▲80億円

JR東海の昨年度決算は2015億円の赤字で、前年比では7割程度にまで抑え込んでいます。

この他、決算短信において「リニア工事が静岡県や流域地域の理解が得られず進んでいない」との報告もアップしており、収益は上げられない・リニアは作れないという二重苦の状態となっています。

 

関連リンク

【速報】JR東日本、民営化後初の赤字決算5779億円を計上

JR九州、189億円の赤字。予想よりややマシな結果に(2020年度決算)

JR貨物、JRグループ唯一の黒字達成(2020年度決算)

 

参考文献

東海旅客鉄道「通期業績予想の修正に関するお知らせ」、令和3年 10 月 27 日

今週の鉄道イベント情報

6月9日(日)
6月10日(月)
6月11日(火)
6月12日(水)
6月13日(木)
6月14日(金)
6月15日(土)
6月16日(日)
6月17日(月)
6月18日(火)
6月19日(水)



JR東海カテゴリの最新記事