あおなみ線、インバータ装置や発車標の更新など設備投資計画を発表

あおなみ線、インバータ装置や発車標の更新など設備投資計画を発表

名古屋臨海高速鉄道は、運営する「あおなみ線」について2024年度安全報告書を発表しました。

この中にある令和6年度以降の主な計画について、車両の制御装置更新や発車標更新、車体ライトのLED式への更新などが盛り込まれた内容が開示されています。

 

主な計画

・車両の制御装置、補助電源装置更新

2004年の開業以来使用している1000形電車の経年を踏まえ、IGBT-VVVFインバータ装置の更新、および補助電源装置の後進を2024~2026年度にかけて実施する予定としています。

 

・車両前部標識灯更新(LED式)

また、これに連動して2024年度に1000形車両のヘッドライトを、現行のHID式からLED式へ更新します。

1000系の顔立ちが少し変わりそうですね。

 

・可動式ホーム柵の更新

2022年度からホーム柵の更新が進んでおり、現在7駅での更新が完了しています。

2024年度はささしまライブ・野跡・名古屋駅の更新を予定しており、全11駅が更新完了となる見込みです。

金城ふ頭駅では、フルスクリーンタイプのドアが採用されています。

 

・発車標(LED電光式掲示板)更新

開業以来使用されているLED式発車標を更新します。

 

関連リンク

【車庫探訪】あおなみ線「潮凪車庫」

【あおなみ線】「名古屋競馬場前」の駅名を3月から変更

 

参考文献

  1. 名古屋臨海高速鉄道株式会社「安全報告書 2024
  2. 山眺さんのポスト

今週の鉄道イベント情報

7月4日(木)
7月5日(金)
7月6日(土)
7月7日(日)
7月8日(月)
7月9日(火)
7月10日(水)
7月11日(木)
7月12日(金)
7月13日(土)
7月14日(日)



JR東海カテゴリの最新記事