【コラム】アンスリーの名前の由来

京阪と南海が共同の屋号で事業展開している駅ナカコンビニ「アンスリー」ですが、この名前の由来を結構皆さんご存知ないようだったので、改めてご紹介します。

当初は阪神も展開していた

当初は京阪・南海に加えて、阪神電車もアンスリーを展開していました。

京阪(keihAN)、南海(nANkai)、阪神(hANshin)の3つに共通する「AN」の文字。「AN」が3つでアンスリー…ということなんです。笑

 

ちなみに現在は、阪神電鉄が村上ファンドの買収防衛に伴う阪急東宝グループ入りしたことによって、アンスリー連合から脱退し、同じ阪急系の「asnas」を展開しています。

これによって「アンスリー」ではなく「アンツー」になったんですが、名前としてはそのままアンスリーが継承されています。

 

現在は当初の名前と違って、このように説明されています

『安心・安全・安らぎ』をコンセプトとして、お客さまに 豊富な商品を、お買い求めやすく・店内でのお買い物を 快適で楽しめる、駅ナカコンビニを提供して参ります。

出典:http://www.nanshoji.co.jp/shop/an3.html