いつまでも写研がDTP化しないのは社長のIT嫌いのせい?

「ナール」「ゴナ」など、数々の名フォントを輩出してきた写研。しかし、最近はあまり見る機会もなくなり、どちらかというとノスタルジーの対象となりつつあります。

その理由が、どうも現社長のIT嫌いにあるから、ということらしいのです。

脱税(但し時効成立)・所得隠し及び粉飾決算を起こした1999年の読売新聞によると、社長の決裁なしでは社としての方針が決められないことが報じられています。

社長は会社の”法律”だった。(中略)

九三年に作成された社内分掌表が手元にある。「総務」「経理」「営業」「労務」「開発」ーー各部の責任者欄のすべてに社長の名前が記載されていた。

それは社長のゴーサインがなければ会社は動かない、ということを意味した。業界関係者の証言もある。

写研さんは、社長がいいといわなければ何もできない。やれといわれたらどんなことでもやる」

読売新聞『[隠蔽] 写研=中 「社長は法律だった」』(1999年1月3日,38面)

これが事実であるとすれば、社長のIT嫌い=在任中は会社としてデジタルフォントを出せないとなります。

 

 

モリサワのせいではない

熱烈な写研信者が、たまにモリサワが模倣したから写研はダメになった!と言われる方がおられるんですが、そうではありません。

他人が考えて創ったものを「複製せずに作ったのだからオリジナルのデザインだ」と言い張り、そして利益を得ようとする倫理観のない作り手(※私の主観です)には対価を払いたくありません。ゴナを明らかに模倣して書体を作ること、そして使うことは、多くの労力と資金を費やして何もないところからゴナを作った写研や中村征宏さんが得られたであろう利益を奪い、侮辱する行為だと思うからです。
このデジタル時代に於いてこそ、「本物」を求めることが大切だと思うのですが……。

出典:http://ryougetsu.net/sho_unag.html

まず、裁判所で「模倣でない」と結審してる以上、モリサワを責めるのは筋違いです。

享受すべき利益を奪ったのはモリサワではなく、時代の流れを読めずにDTP化をいつまでも拒否し、みすみす機会損失を生んだ写研の責任でしょう。

ナール・スーボ・ゴナなど、クオリティの高いフォントを多数輩出しているのは評価できます。

が、(大阪に本社を置いてくれている)モリサワを貶めるような書き方はちょっといい気はしませんね。反論の意味も込めてこちらに掲載します。

 

 

株式会社写研の現在のデータ

出典は法人登記簿より。

株式会社写研
本店:東京都豊島区南大塚二丁目26番13号
会社成立の年月日:昭和25年7月7日
資本金:9,720万円

取締役:石井裕子(創業者家系の孫)

取締役:石井茂雄

取締役:南村員哉

監査役:南村佳子