【鉄道ファン用語】「キトレン」とは?

【鉄道ファン用語】「キトレン」とは?

出典:キャノン公式

キトレンとは、デジタル一眼レフ・一眼とセットで販売されている「キットレンズ」の俗称です。

キャノンなどのカメラでは「ズームレンズキット」や「ダブルズームレンズキット」という形で売られている場合がありますが、これとセットになっている概ね18-55mmや75-300mmのレンズのことを指します。

 

 

キットレンズは、概ね誰にも扱いやすいようなサイズ感・解像度・F値になっているものの、やはり高価格帯のレンズと比較すると写りは今一歩といった感じ。

 

例えばF値が1.4だとか数値が小さく出来る単焦点レンズはボケやすく、「いかにも一眼レフ」といった写りが楽しめますが、キットレンズは広角端でF3.5だったりしてそういう楽しみ方は難しいです。

ただ、満遍なくしっかりと「写す」という意味では、ボケやすいレンズは使いにくかったり、非常に高価であったりすることから、敢えてそういう設計にしている(+コストの兼ね合い)と思われます。

 

また、市場に出る数が必然的に多くなることから、中古市場ではかなり格安に売られているのも特徴です。

 

 

【鉄道ファン用語】「食パン」とは?

 

 



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
27日(水)
28日(木)
29日(金)
30日(土)
31日(日)

新たな現代鉄道用語カテゴリの最新記事