試運転(ためしうんころがし)とは【鉄道ファン用語】

試運転(ためしうんころがし)とは【鉄道ファン用語】

ためしうんころがしとは、試運転車」のことを指すスラングです。

の漢字の一部を訓読みすると「ためしうんころがし」になり、その字面のユニークさとバカっぽさから近年よく使用されているのを見かけます。

 

いつ頃から?

「ためしうんころがし」が使われだしたのは、2020年9月3日。

当時のツイート郡を遡ると、その字面の意外性とバカっぽさから大ウケしている様子が伺えます。

この元ツイートがあったように思われますが、当該ツイートは発掘できませんでした。

 

 

試運転のレアさ

ちなみに世の中の鉄道ファンからすると、この「試運転(ためしうんころがし)」幕を出す列車は非常にレア度が高く、撮り鉄としては是非ともシャッターに収めたい存在です。

試運転(ためしうんころがし)列車は非公開のダイヤ(多くは閑散時間帯である平日の日中)で運行されることが多く、その事が益々レア度を高めています。

 

また、デビュー前の新車であれば「試運転(ためしうんころがし)」の幕を掲げて走る期間は比較的長く、撮影チャンスもその分多くなります。

 

 

関連リンク

でんぐるまひろしとは【鉄道ファン用語】

【鉄道ファン用語】ショバとは

 



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
24日(火)
25日(水)
26日(木)
27日(金)
28日(土)
29日(日)
30日(月)
31日(火)
1日(水)

新たな現代鉄道用語カテゴリの最新記事