激安だった「スーパーはくと」特急料金、それなりに値上げへ

激安だった「スーパーはくと」特急料金、それなりに値上げへ

智頭急行は、自社線内を走る特急「スーパーはくと」「スーパーいなば」の特急料金を改定すると発表しました。

これまでは指定席530円、自由席430円と激安でしたが、改定後はそれぞれ300円追加の指定席830円、自由席730円となります。

新料金の適用は2024年3月16日からです。

 

値上げの理由

智頭急行は、今回の特急料金値上げについて次のように説明しています。

① 2020年春頃より、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、赤字経営
② 新型コロナウイルス感染症による生活様式、ビジネスシーンの変化
③ 全国的な人口減少
④ 高規格幹線道路網の整備等の影響による旅客運輸収入の減少
⑤ 設備の老朽化や原材料費の上昇傾向が続くことによる修繕費の増加
⑥ 安全対策に係る費用が増加
⑦ 導入 30 年経過した特急列車車両の更新を進めなければならない状況

出典:智頭急行 1)

特に注目なのは、7番目の特急列車の更新(導入)ですね。

「スーパーはくと」ことHOT7000系は、1994年の登場からまもなく30年が経過し、ぼちぼち車両の更新(置換え)時期に入っています。

常に振り子を効かせながら高速で鳥取と大阪・京都を結んでいるので、車両としての経年劣化もかなり進んでいるものとみられます。

列車の導入には、1編成数億円単位でのまとまった投資が必要となる為、こうなるのもやむを得ないですね・

 

 

関連リンク

【智頭急行】スーパーはくと、大阪短縮の代わりに増便を検討中

智頭急行は特急運行ではなく「車両リース料」で稼いでいる?【コラム】

参考文献

  1. 智頭急行「特急料金改定について

智頭急行カテゴリの最新記事