JR西日本は「スーパーはくと」を姫路折り返しにしようとしている?

JR西日本は「スーパーはくと」を姫路折り返しにしようとしている?

鳥取県議会の5月定例会において、自民党の野坂議員の質問に対し、平井鳥取県知事が特急「スーパーはくと」について答弁しているのですが、

その中で「JR西日本がスーパーはくとを姫路折り返しに出来ないかという提案を必ず持ち出してくる」と発言されています。

平井知事「今京都までスーパーはくとが行っているもので、割と乗降客が多い、山陽本線・東海道本線を走る、ここで上がった収益の中からうちの方に、いわば…補填といいますか、運賃収入に代わるですね、こういうリース料収入という形でうちに来ているわけですね。結構京都~大阪間などあんまり結構乗ってないことは皆さんもお気づきだと思うんですけども、あれでも同じだけの料金がうちに入ってきているということです。多分それができるのは、ここは線区としては黒字線区…収益性の良い線区なので、そうした優等列車を走らせて、ごく一部かもしれませんが乗客の利便に供そうということで、向こうもギリギリ説明がつくんだと思いますが…

ただ、我々と本音の議論をするときは、あそこ(スーパーはくと)も姫路で止めてしまえばいいじゃないかという話を(JRが)必ず持ち出してくる。そうするとそこの部分のリース料がまるまる無くなる訳ですね。で、JRの支払いも減りますので。

「(スーパーはくとを姫路折り返しにすれば)智頭急行の経営が多分圧倒的に悪くなる可能性が強い試算という風に言わざるをえない(略)智頭急行線の線区の運賃を極端に上げていくか、あるいは特急料金なども上げていくか、あるいはバス代替まで最後廃止して向かっていくかと、こういうことになりかねないところであります。」

出典:鳥取県議会5月定例会 6月14日 本会議 一般質問

こう見ると、三セク化による分断というのは利用者の不便さを招きやすいスキームなのだなと感じますね…。

 

スーパーはくと

ご存知のように「スーパーはくと」は、鳥取・智頭方面から大阪・京都へ直通する特急列車です。

そのスーパーはくとを持つ智頭急行は第三セクター鉄道の中でトップの稼ぎを誇る企業ですが、その売上の90%以上がスーパーはくとによって生まれています。

 

答弁によると京都~大阪間ではあまり乗客がいないそうですが、だからと言って大阪でなく姫路折り返しにするとなると、乗客の大幅な減少が見込まれスーパーはくとの存在意義そのものが減少してしまうでしょう。

車両使用料(議会ではリース料と表現されています)の問題があるからと言って、まさかJR側が1つの列車を潰してしまいかねない提案をしているとは意外でした。

 

車両使用料は相殺しきれない?

車両使用料の支払いが一方的になることからか、JR西日本の「スーパーいなば」が上郡~智頭間において智頭急行線内に乗り入れて(=智頭急行が車両使用料を支払う)いるものの、スーパーはくとへ支払う車両使用料の完全な相殺とまではいっていないようです。

「スーパーいなば」が智頭急行に乗り入れる距離
智頭~上郡:56.1km

「スーパーはくと」がJRに乗り入れる距離
上郡~京都:165.5km
鳥取~智頭:31.9km
合計:197.4km

ご覧のように両者には140km近くの差があり、更に両数も異なることから、やはりJR西日本が支払う料金の方が多くなります。

更に智頭急行の直近の決算を見てみると、旅客運輸収入が57億円なのに対し運輸雑収が122億円と倍近くあります。

旅客運輸収入…切符や乗車券の販売による収入
運輸雑収…上記以外の鉄道事業にまつわる収入。JRからの車両使用料などはここ

 

この数字だけを見ると、使用料を抑えるためにJRが姫路折り返しを主張するのもわからなくはありません。

しかしJRはそれでいいかもしれませんが、鳥取市民・智頭町民などの利用者だけが一方的に不便を被ることになり、鳥取県民を代表する立場である知事が拒否をするのも無理はありません。

 

「スーパーはくと」は2024年を目処に新車両の導入が見込まれていますが、こういった問題が浮き彫りになり始めている中、今後車両使用料に関する何らかの動きが出てくるかもしれませんね。

 

関連リンク

智頭急行、2年連続の赤字を計上(2021年度)

特急「ビクトリーはくと」を今年も運転

【撮影記録】鳥取に行ってきました

 

参考文献

鳥取県「令和4年5月定例会 6月14日 本会議 一般質問

JR東日本「会社要覧」財務諸表 単体決算(運輸雑収の内訳について明記)

智頭急行「第36期貸借対照表・個別注記表・損益計算表(2022年3月期)」



注目鉄道ニュース

2022/06/24 【ベトナム】HCM1号線、資金底つき給料未払い続く[運輸]
2022/06/24 黒部峡谷鉄道が夏休みのスペシャル企画「こども駅長の日」を8月6日・20日に開催!
2022/06/18 地方民鉄の優等生…長野の「アルピコ交通」 豪雨被害の上高地線が10カ月ぶりに運行再開
2022/06/18 「HC85系」特別ルームや限定「ぴよりん」 新特急車両キャンペーン続々

今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
27日(月)
28日(火)
29日(水)
  • なし
30日(木)
1日(金)

智頭急行カテゴリの最新記事