あいの風とやま鉄道、3両編成化へ。サハ521爆誕?

あいの風とやま鉄道、3両編成化へ。サハ521爆誕?
(同型のJR西日本車両)

あいの風とやま鉄道の輸送力増強を図るため、2025年度以降に中間車を製造して3両へ増車して導入する方針であるとNHKが報じています。

 

サハ521爆誕?

あいの風富山鉄道は、北陸新幹線の開業によって従来の北陸本線が富山県などに移管されて誕生した第三セクター鉄道です。

特急が運行されなくなったことによる線路容量の増加から、地域密着の路線へ転換したことで利用者が増加しており、2022年度の最終利益は1100万円となりました。

利用率も年間で1373.9万人、1日あたりでは3.7万人と堅調な数字を見せており、2両編成では捌ききれなくなっているのでしょうか。

 

(JR時代の521系)

中期経営計画や現在営業中の車両から見てもおそらく521系が対象になると思われますが、その場合にはJR時代にもなかった「サハ521形」が誕生することになるかもしれません

ただ、そうなると1M2Tとなりやや負担が大きくなりますが…どうなるんでしょうか。

 

関連リンク

413系「新北陸色」ラストラン。あいの風富山鉄道が告知

【旅行記】2012年12月30日。富山・新潟への旅

参考文献

NHK富山「あいの風とやま鉄道の昨年度利用客 コロナ禍前の9割まで回復

今週の鉄道イベント情報

6月9日(日)
6月10日(月)
6月11日(火)
6月12日(水)
6月13日(木)
6月14日(金)
6月15日(土)
6月16日(日)
6月17日(月)
6月18日(火)
6月19日(水)



他鉄道カテゴリの最新記事