札幌の地下鉄にある「砂箱」とは?【コラム】

札幌の地下鉄にある「砂箱」とは?【コラム】

札幌市営地下鉄(南北線・東西線)の駅端には、「砂箱」と書かれている謎の箱が置かれています。

鉄道で砂といえば、線路と車輪との粘着力を上げるための「撒き砂」を思い浮かべますが、札幌市営地下鉄は全路線がゴムタイヤになっているので違いそう。

ということで、これは何なのかを探ってみました。

 

あっ…

複数の駅員さんに聞いてみたところ、皆さんが仰られたのは

汚物処理用の砂が入っています

とのことでした。

中を開けてまでは見ていませんが、これは単なる砂が入っているのか、それとも以前ご紹介したような「オウトロック」などの専用の品が入っているのか…。

 

追記

こちらのサイトさんによると、中には本物の砂が入っているようでした。それも直入れ(笑)

それを拾うためのスコップも用意されています。やや粒子が細かくなっており、それ専用に調達してきているようですね。

 

関連リンク

座席の嘔吐物にかけられる「例のアレ」の名前は?【電車の雑学研究所】

札幌へ行ってきました

参考文献

 

今週の鉄道イベント情報

5月17日(金)
5月18日(土)
5月19日(日)
5月20日(月)
5月21日(火)
5月22日(水)
5月23日(木)
5月24日(金)
5月25日(土)
5月26日(日)
5月27日(月)



コラム・ネットリテラシーカテゴリの最新記事