日立製作所、イタリア・ミラノ地下鉄の車両21編成を受注

日立製作所、イタリア・ミラノ地下鉄の車両21編成を受注

日立製作所のグループ会社である日立レールは、イタリア・ミラノ市交通公社(Azienda Trasporti Milanesi S.p.A.)が運行している、ミラノ地下鉄向けの新型車両21編成を受注したと発表しました。

新型車両は1号線向けで、受注金額は1億6800万ユーロ。合計126両が導入される予定です。

どことなく大阪メトロ400系に似てるような

 

前身からの継続

出典:日立製作所「日立がイタリアでミラノ地下鉄向け車両を受注」

今回の受注は1号線向けで、今後の包括契約として最大46編成・276両の契約も締結したとしています。こちらの契約では2・3号線向けの車両も供給することになります。

車両デザインは、近鉄80000系「ひのとり」のような鮮やかな濃赤色を採用しており、地下鉄車両ということで4ドアとなっています。

同じ日立製作所で製造されている大阪メトロ400系と似ていることから、400系(ミラノのすがた)なんて言われ方も(笑)

奇しくも今回導入される1号線は750Vの第三軌条方式であり、400系と同じ規格となっています。

【参考】ミラノ地下鉄の仕様

長さ:106,940mm(編成全体?)
幅:2,850mm
ゲージ:1,435mm
集電方式:第三軌条方式(1号線)/架線集電(2・3号線)
電圧:750V
最高速度:90km/h

日立レールは、元々イタリアの企業「アンサルドブレダ(AnsaldoBreda S.p.A.)」社を買収した経緯があり、2014年に製造された先代車両である「レオナルド(Leonardo)」も同社が担当していました。

今回はいわばその引き継ぎとなった形であり、契約としては順当なものとなっています。

 

関連リンク

「電車はどこが作ってる?」鉄道車両メーカーを比較してみる【業界研究】

【2021年開業】ベトナム・ホーチミン市の地下鉄車両が日立製作所に登場!駅内装工事もほぼ竣工!

今週の鉄道イベント情報

7月16日(火)
7月17日(水)
7月18日(木)
7月19日(金)
7月20日(土)
7月21日(日)
7月22日(月)
7月23日(火)
7月24日(水)
7月25日(木)
7月26日(金)



他鉄道カテゴリの最新記事