【速報】京阪5000系、樟葉で復刻展示へ!2023年春から

【速報】京阪5000系、樟葉で復刻展示へ!2023年春から

嬉しいニュースが飛び込んできました!

京阪電鉄は、初の5扉車両である5000系車両を、樟葉駅近くにある樟葉モール内「SANZEN-HIROBA」にて展示する事を発表しました。

展示されるのはトップナンバーである5551号車で、2023年春からを予定しています。

5000 系車両は、1970(昭和 45)年 12 月に京阪線に導入され、ラッシュ時には 5 扉すべてを 使用することで乗降をスムーズにし、それ以外の時間帯には 2 扉を締め切り、扉上部に格納 していた座席を下降させ座席数を増やすことができる特徴ある車両として長く愛されてきま したが、ホームドア導入に伴う扉位置の統一のため、2021 年 9 月に惜しまれながら引退いたしました。

今般、様々な知恵や工夫を凝らした 5000 系車両を、京阪の「進取の精神」の象徴として先 頭車(5551 号車)の半両分を保存し、「SANZEN-HIROBA」に展示することといたしました。車外塗装や座席色など車内・車外の設備を1970 年のデビュー当時の姿に復刻するほか、座席昇 降できる形で保存します。また今回、同じく京阪線で長く活躍する 2600 系車両の先頭部分カ ットモデルも展示し、既に設置しております旧 3000 系車両と合わせ、往年の名車 3 車系を一堂に展示させます。

出典:京阪ホールディングス !)

 

原型復元?!

驚くべき事に、5551号車は「車体塗装や座席色なども登場当初の原型に復元」する他、特長である座席の昇降装置についても可動出来る形で保存されるとの事です。

保存されるのは半両分だけとのことですが、前面の行き先表示器は塞がれる他、久しぶりのグリーン2色ツートンの5000系が見れる事になりそうですね。

あわせて、2600系の先頭車両カットモデルも展示され、SANZEN-HIROBAには現在展示中の3000系とあわせて3車両が展示される予定となっています。

 

 

関連リンク

5ドア運用が終了する5000系を撮影してきました

参考文献

  1. 京阪ホールディングス「5000 系車両を KUZUHA MALL の SANZEN-HIROBA に復刻展示します


今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
17日(水)
18日(木)
19日(金)
20日(土)

京阪電鉄カテゴリの最新記事