【JR東日本】2022年は20編成の新車を投入へ…E8系も?

【JR東日本】2022年は20編成の新車を投入へ…E8系も?

JR東日本は、今年度の移動円滑化取組計画書を発表しました。

これによると新幹線・在来線合わせて20編成・187両の車両新造を行うとしています。

 

内訳は…

出典:東日本旅客鉄道株式会社「横須賀・総武快速線 E235 系営業運転開始について」

内訳については、新幹線車両が7編成79両、在来線車両が13編成108両となっています。

形式などは公開されていませんが、山形新幹線向けの新車E8系(7両編成)が今年度中に落成予定となっている他、上越新幹線向けのE7系(12両編成)を6本導入するものと推測されます。

在来線へは現在横須賀線用のE235系を投入しており、引き続き投入されるものとみられます。

有価証券報告書によると、2023年3月に完成予定の車両新造における設備投資額は718億5900万円です。

 

関連リンク

山形新幹線の「E8系」とは?いつからデビュー?E6系との違いは

【JR九州】2022年はYC1系を4本導入、811系を3本リニューアル

参考文献

東日本旅客鉄道「移動等円滑化取組計画書」2022年6月30日

 




今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
12月1日(木)
12月2日(金)
12月3日(土)
12月4日(日)
12月5日(月)
12月6日(火)
  • なし
12月7日(水)

JR東日本カテゴリの最新記事