H100形4両を観光列車に改造へ。北海道庁も支援

H100形4両を観光列車に改造へ。北海道庁も支援

JR北海道は、2021年度における四半期報告書、および2022年度の目標設定についての資料を公開しました。

その中で、3Q(10-12月の間)においてH100形気動車の観光列車化改造を行うことを発表しています。

 

北海道庁も協力

該当部分がこちら。

3Q H100形気動車の観光列車化改造(4両)

出典:JR北海道 1)

と書かれているのがおわかりになるかと思います。

上段の2Q(7-9月)にH100形気動車の導入(8両)と書かれていることから、素直に受け取ればこのうち4両を観光列車に改造する…と読み取れますが、既存車両の改造という可能性もありそうですね。

 

また、北海道庁の予算案でも以下のように書かれています。

鉄道活性化協議会を通じたオール北海道による各種施策の実施や鉄道車両の快適性・利便性の向上を図ることを目的とした観光列車等の導入への支援(R4~R5:普通列車各4両)など、更なる鉄道の利用促進に向けた取組を展開する

出典:北海道庁 2)

おそらくは、今回のH100形観光列車のことを指しているものと推測されます。

2022年度の予算に6億2800万円、2021年度予算に10億2800万円が計上されており、この中から補助されるものとみられます。

H100形は神戸の川崎車両で行われていることから、観光列車化したH100形の甲種輸送風景がもしかすると見れるかもしれません。

 

「2両ワンマン電車」も

この他、以前書いた2両ワンマン電車の導入」も明記されています

導入本数は3Qに4両、4Qに10両とかなり大掛かりなものとなりそうですね。

以前書いた時の皆さんの予想では、室蘭本線の室蘭~苫小牧間が有力ではないかという声が目立っていましたが、果たしてどこになるのでしょうか…。

 

関連リンク

【JR北海道】「2両ワンマン電車の新製」など事業計画書を発表

 

参考文献

  1. JR北海道『JR北海道グループ 経営改善に関する取り組み
  2. 北海道庁「令和4年度 重点政策一覧
  3. imadegawa075さんのツイート


注目鉄道ニュース

2022/06/24 【ベトナム】HCM1号線、資金底つき給料未払い続く[運輸]
2022/06/24 黒部峡谷鉄道が夏休みのスペシャル企画「こども駅長の日」を8月6日・20日に開催!
2022/06/18 地方民鉄の優等生…長野の「アルピコ交通」 豪雨被害の上高地線が10カ月ぶりに運行再開
2022/06/18 「HC85系」特別ルームや限定「ぴよりん」 新特急車両キャンペーン続々

今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
27日(月)
28日(火)
29日(水)
  • なし
30日(木)
1日(金)

JR北海道カテゴリの最新記事