【新車用?】京福電気鉄道が「KYOTRAM」の商標出願

【新車用?】京福電気鉄道が「KYOTRAM」の商標出願

2022年5月9日、京阪ホールディングス傘下の京福電気鉄道(嵐電)が、新しく「KYOTRAM」の商標を出願していることが判明しました。

トラムといえば文字通り路面電車のことを指す用語ですが、いったい何を意図したものなのでしょうか。

 

新車…?

出典:京福電気鉄道株式会社「2021年 安全報告書」

実は、京福電気鉄道は2023年度中に2両の車両更新を行う予定であることを、同社の安全報告書内にて発表しています。

タイミング的に、この車両更新用に名称を充てているのではないか…と推測されます。

一般的に「車両更新」というのは二種類の意味があります。

1つは古い車両を新しい車両で置き換える車両更新
もう1つは既存車両に大規模修繕・改造を行う車両更新

です。

わざわざ「トラム」と名前をつけるあたり、超低床車の導入なんてこともありえるかもしれませんね!

例えば福井鉄道では「フクラム」、阪堺電気軌道では「堺トラム」など、いずれも新しく導入された超低床車には「トラム」とわざわざ名付けられているケースが多く見られます。

京福電気鉄道において「更新車両」をあてがわれる車両は何か…と考えると、モボ101形(1975年車体新製)や、モボ301形(1971年製造)あたりでしょうか。

果たして「車両新製」の意味での更新なのか、それともモボ101形にかつて行ったような「大規模修繕」という意味なのか…。

関連リンク

【京福】「等持院・立命館大学衣笠キャンパス前」へ駅名を改名…あわせて日本一長い駅名硬券を発売

【コラム】嵐電にある、珍しい「留置車」方向幕

参考文献

京福電気鉄道株式会社「2021年 安全報告書



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
22日(木)

京阪電鉄カテゴリの最新記事