JR九州、132億円の黒字決算を発表。JRでは唯一の黒字転換

JR九州、132億円の黒字決算を発表。JRでは唯一の黒字転換

九州旅客鉄道株式会社は、2021年度(2022年3月期)の決算を発表しました。

今回の発表によりますと、黒字か赤字かを示す「親会社株主に帰属する当期純利益」は、132億円の黒字決算となりました。

JRグループでは唯一の黒字転換を果たしています。

 

概況

出典:JR九州 1)

昨年度は189億円の赤字を計上していましたが、今期は132億円の黒字転換を果たしています。

メインの鉄道は222億円の赤字と厳しい数字でしたが、不動産(179億円の黒字)や建設(70億円の黒字)が奮闘したことで営業利益を黒字転換、また保有資産のREITへの売却をしたことで最終的な純利益も黒字となりました。

REITとは?

不動産投資信託」とも。語源はReal Estate Investment Trustの頭文字から。
投資する人が出したお金で不動産投資を行い、そこで得られた各種収入(賃料収入や売却益など)を投資した人に還元する金融商品のこと。
実際に不動産を運用するのは難しいのでプロに担ってもらい、間接的にオーナーとなる方式。

 

ただ、今年度のJR九州は合理化やサービスダウンが著しかったのもまた事実です。

・合理化の面では座席撤去や無人駅の大幅拡大、特急料金の値上げなどが、
・サービスダウン面では駅の看板(駅名標)や時刻表が撤去されたり、発車標(電車時刻を案内する電光掲示板)を夜間時間帯などで非表示にさせる

などなど…

その様相を見て、浪漫鉄道ならぬ「不満鉄道」だとも揶揄されています

正直これらを見ていると、今回の黒字化は手放しに喜べるものとは言い難い節があります。

 

JR6社比較

売上高 営業利益 純利益
JR東海 9351億3900万円 17億800万円 ▲519億2800万円
JR東日本 1兆9789億6700万円 ▲1539億3800万円 ▲949億4800万円
JR西日本 1兆311億300万円 ▲1190億9100万円 ▲1131億9800万円
JR九州 3295億2700万円 39億4400万円 132億5000万円
JR北海道
(未上場)
1103億円 ▲727億円 ▲10億円
JR四国
(未上場)
311億円 ▲221億円 ▲52億円

今年もJR九州の発表で、JR旅客系6社の決算が全て出揃いました。

先述したように、JR九州は旅客系6社の中では一番乗りで黒字転換を図っている他、JR西日本は売上高1兆円を回復しました。

JR東海も営業利益をの黒字転換を図るなど、徐々に回復の兆しが見えてきているように感じます。

この調子で、2022年は良くなりますように…。

 

関連リンク

JR九州、189億円の赤字。予想よりややマシな結果に(2020年度決算)

参考文献

  1. JR九州「2022年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
  2. JR九州「2021年度決算について


今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
24日(火)
25日(水)
26日(木)
27日(金)
28日(土)
29日(日)
30日(月)
31日(火)
1日(水)

JR九州カテゴリの最新記事