【JR九州】「リレーかもめ」を商標登録出願。リレーでは初

【JR九州】「リレーかもめ」を商標登録出願。リレーでは初
出典:九州旅客鉄道「九州新幹線(武雄温泉・長崎間)新幹線の名称と導入車両が決定!!」

 

JR九州は「リレーかもめ」の名前を特許庁へ商標登録出願(出願番号2020-133560)した模様です。出願日は10月28日となっています。

「リレーかもめ」は九州新幹線長崎ルートにおける武雄温泉~博多間の新幹線連絡列車として運行が予定されており、武雄温泉駅での対面乗り換えとなります。

リレーの名前はかつて九州新幹線が新八代までだった際にも「リレーつばめ」として用いられたことがありますが、商標登録出願されるのは初となります。

また、あわせて「かもめ(出願番号2020-133559)」の名前も出願されています。

 

 

九州特急は商標登録されてきた

元々、JR九州は自社の特急列車の商標登録に積極的で、これまでも「ソニック(第3365242号)」「にちりん(第3013951号)」など伝統ある名前をはじめ、「ななつ星(第5885723号)」「36ぷらす3(第148012号、現在審査中)」など、最近の特急列車・豪華列車へも商標登録を行ってきました。

これらは鉄道による輸送、および旅客車による輸送の為の登録だけでなく、キーホルダーやマグカップなどグッズ関係へも踏み込んだものとなっています。

 

現時点では「リレーかもめ」における商標登録の種類は「第39類 鉄道による輸送,旅客車による輸送」とだけなっていますが、他列車と同様に今後グッズ関係も追加されるものと見られます。

 

関連リンク

【長崎新幹線】特急は「リレーかもめ」が正式名称に JR九州が商標出願

【速報】長崎新幹線の愛称は「かもめ」に決定!N700S系6両編成を導入

 

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

12日(日)
14日(火)

JR九州カテゴリの最新記事