【安定の南海】40億円の黒字決算発表(2021年度)

【安定の南海】40億円の黒字決算発表(2021年度)

南海電気鉄道株式会社は、2021年度(経済用語では2022年3月期といいます)の決算を公式サイト内にて発表しています。

それによると、今期の売上高は2017億9300万円、純利益(黒字)額は40億2100万円となりました。

コロナでも安定した数字を見せている南海ですが、今年度も流石の決算となっています。

 

概況

出典:南海電気鉄道「2022年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」

鉄道各社が最も苦しかったであろう前年度は、営業利益こそ黒字だったものの当期純利益については赤字と流石の南海でもやや厳しい数字でした。

一方、今年度は40億円の黒字転換を果たし、おととい発表があった相鉄に続いて復活の狼煙を上げた形となります。

 

2021年度は新型車両8300系の投入を継続的に行っており、高野線に残る旧型車両を徐々に追い出しています。

 

部門別

業種 売上高 営業利益
運輸業(南海電鉄、バス) 833億円 ▲73億円
建設業(南海辰村建設) 381億円 19億円
流通業 219億円 11億円
不動産業 455億円 125億円
レジャー・サービス業 382億円 38億円

セグメント(部門)別に見ると赤字だったのは運輸業のみ黒字は建設・流通・不動産・レジャーサービス業などあらゆる業種が運輸をサポートしました。

特に子会社である南海辰村建設の業績がかなり上向き、3円の復配となったことも寄与しています。

 

関連リンク

相鉄HD、18億円の黒字転換へ!(2021年度)

JR西日本、1190億円の赤字決算を発表。売上高は1兆円まで回復

 

参考文献

南海電気鉄道「2022年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

 



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
22日(木)

南海電鉄カテゴリの最新記事