【阪急初】岡本駅、発車標をLCDディスプレイへ変更

【阪急初】岡本駅、発車標をLCDディスプレイへ変更

岡本駅のパタパタ式発車標が、新しくLCD式ディスプレイへと生まれ変わりました。

といっても稼働を開始したのは3月1日からでだいぶ今更な記事にはなるのですが、当サイトでパタパタ式のものを取り上げた手前、せっかくなのでLCD式も取り上げることにしました。

 

情報量++

筐体全景。どこのメーカーのものでしょうか、あまり見ないタイプですね。

これまで「種別・行先・停車駅」ぐらいしかなかった情報量から「啓発案内、駅番号、発車時刻、列車接近/発車表示、列車接近表示」が増えました。

ただ、情報量が増えた分表示面積は少し小さくなってしまいましたね。

 

こちらが前回のパタパタ式のもの。こちらについてはすぐに撤去されてしまったようです。

 

列車接近時は「電車にご注意ください」が点滅します。

発車アナウンスも鳴動していないかなり前の段階から表示されているのが印象的でした。

電車発車後は「電車にご注意ください」以外は無表示に。

電車が抜けてしばらくすると、次の表示が出てきます。

電車がいない時は「電車にご注意ください」の部分が次列車案内になるようですね。

 

ちなみに、発車標更新にあわせて駅名標も新しいものになっていました。

 

関連リンク

 

【阪急】岡本駅のパタパタ、まもなく取替えか

阪急電車の正雀車庫を見てきました



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
22日(木)

阪急電鉄カテゴリの最新記事