神戸の連節バス「ポートループ」に乗ってきた!

神戸の連節バス「ポートループ」に乗ってきた!

2021年4月より、神戸には連節バス「ポートループ」というバスが走っています。

運行は神戸市交通局……ではなく、神姫バスが担当。バスは「ブルーリボンハイブリッド連節バス」という日野のバスだそうで、定員は112名。

前から見ると一見普通のバスですが…

後ろから見るとこの通り長い!バスが2つ繋がったようなデザインをしています。

横に一般車が並ぶとその長さを実感できますね。デザインもおしゃれで、GK京都が設計したのだそうです。

運行開始してから半年あまり、ようやく乗車する機会に恵まれたので乗ってきました。

 

乗ってみる

早速乗車してみましょう。この感じ、富山ライトレールとよく似ています。

接続部分には巨大な幌を設置。

後方車両には料金表が設置されていました。

 

車体後部にはまさかのボックス席を設置。妙にリッチです

ご丁寧にドリンクホルダーまで付いています。

ポートループは神戸の美しい夜景を見ながら走り抜けていきます…。

 

カーブでその長さを実感

連節バスの長さを実感できるのは、なんといってもカーブ部分でしょう。

ちょうど左のカーブに差し掛かります…

車体が!!!左に曲がっている!!!(当たり前)

後部席からは前部車両の姿も見えます。

 

バス停も充実

バスロケーションシステムも充実。ディスプレイ式で見やすい!

バスの走行位置もわかりやすく図示されていたのが印象的でした。

 

総評

神戸ポートループ、いかがでしたでしょうか。

ハード・ソフト面ともにかなり使いやすい設計がされており、おしゃれな神戸の港街をおしゃれなバスと共に堪能できるルートとなっています。

尚、このポートループは、三宮駅前→新港町→ポートタワー前→ハーバーランド(神戸駅)の順で巡回しています。

特に新港は再開発がなされており、都市型水族館「アトア」をはじめ、様々な施設がオープンし始めています。

新港地区へはこのポートループがアクセスしやすいバス路線となっているので、是非使ってみて下さいね。

…ちなみに、検査を受けている関係なのか、日によっては普通の神姫バスもやってくるようでした。

行きに乗りたかったのですがこれが来て泣く泣く見送る事態に。ここはちょっと残念です。

 

 

関連リンク

京阪の中国製電気バスを見てきました

【バス停のつけどころがシャープ】IGZOを用いた「スマートバス停」を製品化

 



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
24日(火)
25日(水)
26日(木)
27日(金)
28日(土)
29日(日)
30日(月)
31日(火)
1日(水)

関西系私鉄カテゴリの最新記事