【祝!オリックス優勝】「なんば線シリーズ」がvs阪神で開催される?

【祝!オリックス優勝】「なんば線シリーズ」がvs阪神で開催される?

2021年、地元大阪の野球球団であるオリックス・バファローズがパリーグの優勝を飾りました!おめでとうございます!

なんでも25年ぶりの優勝なんだとか。全くもって素晴らしいですね。おりほー!!

2016年から就任したバファローズポンタも泣きじゃくって喜んでいます。よかった…よかったね…

 

閑話休題。

 

今後はクライマックスシリーズという、パリーグ・セリーグの上位3チームで試合を行い、勝ったチームがお互いのリーグ王者と勝負し日本一を決定する「日本シリーズ」が行われます。

 

1位のオリックス・バファローズの本拠地は、大阪の野球場「京セラドーム大阪」。

一方、2位阪神タイガースの本拠地は、ご存知「阪神甲子園球場」…。

 

https://twitter.com/OsakaSubwaycom/status/1453559740601040906

つまり、仮にオリックスと阪神の両者が激突する場合、「なんば線シリーズが開催される可能性があるのです!

 

 

アメリカの「サブウェイシリーズ」

私が勝手に名付けた「なんば線シリーズ」には語源があります。それはアメリカ・ニューヨークの「サブウェイシリーズ」です。

サブウェイとは、Osaka-Subway.comの名前にもなっているように「地下鉄」を意味する英語です。

ニューヨークに本拠地を置く「ニューヨーク・ヤンキース」と「ニューヨーク・メッツ」が試合をする場合、お互いのファンはそれぞれ(本拠地から)地下鉄でアクセスが出来る関係から、このような名前が付きました。

 

オリックスの本拠地「京セラドーム大阪」と阪神の本拠地「甲子園球場」が、どちらもが阪神なんば線(+本線)でアクセス出来る関係と似ていますよね。

今年はもしかすると、この「なんば線シリーズが開催されるのでは…?」と密かにワクワクしています。

 

 

スケジュール

クライマックスシリーズで両者が優勝した場合、日本シリーズのスケジュールは次のようになります。

・11月20~21日:パリーグ本拠地(京セラドーム大阪)
・11月22~26日:セリーグ本拠地(阪神甲子園球場)
・11月27~28日:パリーグ本拠地(ほっともっとフィールド神戸)

 

27~28日については、本来だと京セラドーム大阪での開催となりますが、あいにくこの日はAAAのコンサートが先約に入っていることから、神戸市営地下鉄の総合運動公園駅近くにある「ほっともっとフィールド神戸」にて開催される予定です。

 

関西球団同士の対決の歴史を振り返ると、1964年の日本シリーズで一度だけ実現していました。

それは南海ホークスvs阪神タイガースで、それぞれの親会社のターミナル駅が難波と梅田だったことから、両点を繋ぐ御堂筋にかけて御堂筋シリーズと呼ばれたそうです。

 

南海ホークスとは

現在のソフトバンクホークスのこと。1988年まで南海が親会社だった野球球団で、本拠地球場は大阪球場というスタジアムでした。
大阪球場は現在のなんばパークスがそこにあたり、施設内には当時を偲ぶモニュメントも設置されています。

 

関連リンク

「武庫川の向こう側」用の画像素材(利用可)

【阪神】日本一加速が早い5001形車両、5700系に置き換えへ…2023年度までに

【阪神】大阪梅田駅の新1番線を10/30から供用開始



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
6日(月)
7日(火)
8日(水)
9日(木)
10日(金)

阪神電鉄カテゴリの最新記事