【鉄道ファン用語】税金とは

【鉄道ファン用語】税金とは

税金とは、国を運営する為、国民から強制的に徴収するお金のことを指しますが、鉄道ファンにおいては警察の隠語として使われます。

 

誕生から10年

警察はその立場からどうしても疎まれがちで、隠語もよく発生します。

警察を意味する隠語は世界各地であり、日本でも古くから「マッポ」「ポリ」「サツ」など多数の言葉があります。

 

ところが、「税金」というのはあまり聞き慣れない鉄道ファン特有の言葉で、ここ10年ぐらいで発生した言葉のようです。

確認できる範囲では、2011年8月頃からこの言葉が見受けられ、その後徐々に広まっていったものと考えられます。

 

鉄道ファンと警察というのはあまり接点がなさそうですが、駅にいる鉄道警察や、撮影地にたくさんの人が来た際にパトロールにくるパトカーなどとの接点があり、皆無というわけではありません。

 

関連リンク

【速報】他人になりすまして松戸東警察署に爆破予告した鉄道ファン(22)を逮捕か

大井川、銚子、JR東日本…盗難が相次ぐ鉄道会社。引退の旧国鉄車両などで



注目鉄道ニュース

2022/06/28 日本一営業日が短い駅が3年ぶりに再開…予讃線津島ノ宮駅 8月4・5日
2022/06/24 【ベトナム】HCM1号線、資金底つき給料未払い続く[運輸]

今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
2日(土)
3日(日)
4日(月)
5日(火)
6日(水)
7日(木)
8日(金)
9日(土)
10日(日)
11日(月)

新たな現代鉄道用語カテゴリの最新記事