【悲報】東京モノレールさん、67年分の利益が消し飛ぶ

【悲報】東京モノレールさん、67年分の利益が消し飛ぶ

東京モノレールの2020年度決算が、先日発表されています。

詳しくはVerepoで解説していますが、なんと今期の赤字額は608億円でした

通常時は毎年9億円程度の利益でしたから、67年分の利益が一気に消し飛んだことになります。

 

どういうことなの……

 

 

直近4年のデータでは…

当期純利益 利益剰余金
2017年度 9億4600万円の黒字 149億5900万円
2018年度 10億6000万円の黒字 160億1900万円
2019年度 8億6400万円の黒字 168億8400万円
2020年度 608億7300万円の赤字 ▲439億8900万円

ご覧のように、9億円換算で67年分の利益がまるまる吹っ飛んだ格好です。

 

 

JR東日本赤字の10%の元凶

実は東京モノレールの親会社は、JR東日本です。

そのJR東日本は、2020年度決算において過去最大の5776億円の赤字を計上していますが、この数字のうち10%は東京モノレールが占めていたことになります。

 

関連リンク

【速報】JR東日本、民営化後初の赤字決算5779億円を計上

 

参考文献

日本経済新聞 電子版「JR東日本、前期最終赤字5779億円に拡大 子会社で減損」2021年4月28日
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC27CO40X20C21A4000000/

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

4日(水)
5日(木)
6日(金)
7日(土)
8日(祝)
9日(祝)
10日(火)
11日(水)
12日(木)
13日(金)

JR東日本カテゴリの最新記事