山手線唯一の踏切「第二中里踏切」廃止へ…10年後を目処

山手線唯一の踏切「第二中里踏切」廃止へ…10年後を目処

JR東日本の山手線内に唯一残る踏切である「第二中里踏切」を廃止する意向であると、東京新聞社などが報じています。

東京都はこの区画へ新たに陸橋を設ける計画で、完成まで約10年をかけて建設するなど大掛かりなものとなるようです。

 

JR山手線に唯一残り「開かずの踏切」として知られる駒込―田端間の「第二中里踏切」(東京都北区)について、都が近くに陸橋を建設した後に廃止することで北区とJR東日本が合意したことが26日、関係者への取材で分かった(中略)
 陸橋の建設はJR東が担当する。工事は終電から始発の間しかできないため、完成には10年ほどかかるとみられる
出典:東京新聞「山手線唯一残る踏切、廃止で合意 JR東日本と東京・北区」(共同通信社配信)

 

 

自動運転を進めたい

今回廃止を予定している踏切は、山手線田端~駒込間にある第二中里踏切。地図でいうとこのあたり。

 

 

国土交通省は道路交通遮断・渋滞の原因となる「開かずの踏切」を廃止するよう、政策・補助金の観点から働きかけています。

 

開かずの踏切とは?

ラッシュ時など、ピーク時に概ね40分以上閉まり続ける踏切のこと。
この第二中里踏切も開かずの踏切であることから、改良計画を出すように求めていました。

 

10年という長い時間がかかるのは、終電~始発の僅かな時間(3-4時間程度)だけで施工する為のようです。

山手線は現在E235系による自動運転の試験を始めており、人が飛び出す可能性がある(不確実要素の)踏切を完全になくすことで、自動運転化に弾みをつけたいものと見られます。

 

 

関連リンク

【JR東日本】終夜運転を実施へ…山手線は13分間隔で運行

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

8日(土)
9日(日)
10日(月)
  • なし
11日(火)
12日(水)
  • なし
13日(木)
  • なし
14日(金)
15日(土)
16日(日)
17日(月)
18日(火)
  • ↑↓
19日(水)
  • ↑↓
20日(木)
  • ↑↓
21日(金)
22日(土)

JR東日本カテゴリの最新記事