【ことでん】2024年度より新車両を投入?

【ことでん】2024年度より新車両を投入?

高松琴平電鉄は、2021年6月に公表した「移動等円滑化取組計画書」の中で、老朽化した車両をバリアフリー化された車両に令和6年度より更新していくと発表しました。

これが新型車両の投入を指すのか、それとも他社からの中古車両を指すのかは不明瞭です。

 

京急1500が有力?

一説には、京急1500形が導入されるのではないか、というものがあります。

これまでも1070形・1080形・1200形など、数多くの18m車両を導入してきた実績があり、既に京急からの譲渡車比率が50%を越えていることや、現在京急で新型車両1890形を導入中で置き換えの可能性があることからも、この説を支持する方が多く見られます。

この他、京急600形(3代目)なども候補ではないかとする意見もTwitterを中心にネットで見られます。

 

果たして京急から中古車両が導入されるのか、それとも完全新車なのか…楽しみですね。

 

関連リンク

 

参考文献

高松琴平電鉄「移動等円滑化取組計画書 」令和3年6月17日

 



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
25日(月)
26日(火)
27日(水)
28日(木)
29日(金)
30日(土)
31日(日)

他鉄道カテゴリの最新記事