【速報】JR西日本、新形式「DEC700形」発表

【速報】JR西日本、新形式「DEC700形」発表
出典:JR西日本「新型電気式気動車(DEC700)の導入について」

JR西日本は、新型電気気動車の「DEC700形」を発表しました。

現在川崎重工にて製造中で、下関総合車両所の新山口支所に配置される予定です。

 

その正体は…

全く新しい新形式となった「DEC700形」。

そのシステムは、ディーゼルエンジンと発電機で発電した電力によってモーターを動かす、電気式気動車です。JR西日本の営業車としては、87系「トワイライトエクスプレス瑞風」に続いて2例目になります。

また、他社でもJR東日本の「HB-E210系」や、JR九州の「YC1系」などで採用が進んでいます。

 

全長20m・幅2,800mmの車体で、定員は90名(着座25名)。最高速度は100km/h。

あくまで試験的な意味合いが強い車両で、「キハ40形の置き換え用ではない」としています。

 

 

バッテリーの搭載によるハイブリッド方式への変更も可能な構造としており、今後、 ハイブリッド方式についての各種検証試験も実施予定です。

色は中国地方の地域色である黄色をベースカラーとした配色となっていて、顔つきは323系や227系など最近のJR西日本の標準デザインともいえるものになりました。ただ、車体形状は真っ平らなものに変化。扉も1枚扉のようです。

 

出典:鉄道総研報告 2020年12月号 第34巻 第12号

尚、先日記事にした「227系顔の両運転台車両」はこの車両の可能性もありますが。先頭形状がまるっこい形をしているので異形式とも思われます。実車の登場が楽しみですね。

 

ちなみに

この「DEC700」。恐らくは「Diesel Electric Car」あたりの頭文字から来てると思うんですが、偶然にもHTMLのカラーコードで「DEC700」と入れると……

 

こうなるんです!

 

あれ?色が近い…

 

関連リンク

227系顔の両運転台、川崎重工で製造中?(キハ122形?)

【大迫力の12連】H100形、神戸から釧路へ甲種輸送

 

 

参考文献

JR西日本「新型電気式気動車(DEC700)の導入について

中国新聞デジタル「JR西が新型の電気式気動車、ローカル線向け 試運転へ

 

 

今週の鉄道イベント情報

4月25日(木)
4月26日(金)
4月27日(土)
4月28日(日)
4月29日(祝)
4月30日(火)
5月1日(水)
5月2日(木)
5月3日(祝)
5月4日(祝)
5月5日(祝)



JR西日本カテゴリの最新記事

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Braveでは閲覧できません

Braveでの閲覧はお断りしています

Powered By
100% Free SEO Tools - Tool Kits PRO