【名鉄】前後駅は何故ミュージックホーンが禁止なのか?

【名鉄】前後駅は何故ミュージックホーンが禁止なのか?

名古屋鉄道といえば、やはりあの独特なミュージックホーンですよね。

名古屋駅に入ってくる時にあの音を聞くと、「名古屋に来たな」と五感を持って感じさせてくれる、素敵な音色だと思います。

しかしそのサウンドを、「絶対に禁止されている場所」があるのだそう。

 

それが、名古屋鉄道の前後駅です。

 

現地の看板

現地を通ってみると……、お?なにやら標識があります。拡大してみましょう。

 

419~403区間において警笛を鳴らすな(緊急時除く)」という標識があります。これが根拠のようですね。

 

場所はこの辺。前後駅から名古屋方面に少し歩いたあたりになります。

 

 

前後だけ何故?

前後駅だけ、何故ここまでミュージックホーンを鳴らさないのか。

一説には住宅密集地や学校があり、地域住民から「うるさい」とクレームが来たことや、暴力団事務所の圧力が2010年からある…という話も。

 

Yahoo知恵袋においては、このような話が2009年から存在します。

パノラマのイベントなどで使用しすぎて近隣住民からのクレームがあり「自粛」しているとの噂は聞きます。
イベント時のMH等の使用は運転士の判断任せだそうですが・・・
前後はMH禁止とは初めて知りました

出典:Yahoo知恵袋「なぜ名鉄本線前後駅は警笛とMHが禁止なんですか?

しかし、どれも今ひとつ信憑性のない噂話ばかりで、憶測の域を出ませんでした。

 

 

前後駅を管轄する豊明市にも伺ってみたのですが、「そのような話は聞いたことがない」と驚いておられた様子。

少なくとも市経由でそのような陳情があったわけではないようで、沿線住民から直接名古屋鉄道への苦情があったのかもしれません。

他にもデータベースや国立国会図書館など、あれこれ手を尽くして調べてみたものの、はっきりとした文献は見つからず、手詰まりになってしまいました…。

 

 

ミュージックホーンとは

名古屋鉄道の代名詞ともいえるサウンド。往年の名車7000系に初めて装着され、現在の名古屋鉄道特急車両には必ず取り付けられています。

元々当時の名鉄は第4種踏切(遮断器がなくサイレンも鳴らない踏切)が多く、そこに立ち入らないよう警告的意味合いで鳴らされていました。

しかし近年はサイレン・遮断器の設置が進み、また騒音問題に敏感になってきていることから、あまり聞けなくなっています。

 

 

関連リンク

【今日の記念日】6月1日:名鉄7000系「パノラマカー」デビュー!

【名古屋鉄道】伝説のカオス名古屋駅、4線に増線を計画…2022年着工目標

 



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
25日(月)
26日(火)
27日(水)
28日(木)
29日(金)
30日(土)
31日(日)

名古屋鉄道カテゴリの最新記事