【コラム】最急勾配は「富士急行」だった(1,664パーミル)

【コラム】最急勾配は「富士急行」だった(1,664パーミル)

最も急勾配を擁する鉄道といえば、皆さん何を思い浮かべますか?

普通鉄道で最も急勾配なのは箱根登山鉄道の80パーミル、アプト式を擁する大井川鉄道は90パーミルにもなります。

一般的には、勾配に特化したケーブルカーを思い浮かべられる方も多いと思います。

 

例えば、高野山のケーブルは563パーミルにもなるそうです。やはり普通の鉄道とは段違いですね。

 

 

いやいや待って下さい。実は、大井川鉄道やケーブルカーよりも急勾配な乗り物があったんです。

既視感を感じるとか言わない

 

 

それはなんと富士急行その勾配は、なんと-1,664パーミルにもなります!

 

 

富士急ってケーブルカー持ってたっけ?」と思った方や、

ケーブルカーよりも勾配を上り下りできる車両なんてあったっけ?」と思った方…

「この流れ、なんか見覚えが…」と思った方、

 

 

さぁ、その答えを見ていきましょう。

 

 

 

「私鉄最急」ではあるが…

そいつの名前は「高飛車」といいます。先述しましたが、その勾配は-1664パーミルにもなります!

大井川鉄道やケーブルカーよりも、更に急な勾配を駆け降りていくのです!!

 

 

 

 

 

 

出典:富士急ハイランド公式サイト

 

 

……そう、鉄道とは言っていない。

やっぱりこのオチ

 

 

実は、富士急行傘下の富士急ハイランドが運営するジェットコースター「高飛車」は最大落下角度が121°、パーミルに変換すると-1,664パーミルにも達する、ケーブルカーも驚きの超急勾配ジェットコースターなんです。

 

 

(本当の)最急勾配ランキング

このままだとなんだか申し訳ないので、ケーブルカーを含む鉄道での最急勾配ランキングも掲載しておきます。

※最高速度と違ってこちらはまだデータが少ないので、暫定のものです

列車名速度
1位高尾山ケーブルカー605.14‰
(31.18度)
2位高野山ケーブル563‰
3位叡山ケーブル530‰
鉄道最急大井川鉄道 井川線90‰
普通鉄道最急箱根登山鉄道80‰

 

 

 

情報提供・謝辞

今回は富士急の話にリプライをつけて下さった「Odapedia」のワタシダさん、解説して下さった通急さんのご意見を基に記事を作成しました。ありがとうございました。

 

関連リンク

【コラム】私鉄最速は「富士急行」だった(180km/h)

 

今週の鉄道イベント情報

6月9日(日)
6月10日(月)
6月11日(火)
6月12日(水)
6月13日(木)
6月14日(金)
6月15日(土)
6月16日(日)
6月17日(月)
6月18日(火)
6月19日(水)



コラム・ネットリテラシーカテゴリの最新記事