【鉄道ファン用語】知らんねんなあ。(笑)とは

【鉄道ファン用語】知らんねんなあ。(笑)とは

知らんねんなあ。(笑)とは、クソリプのこと

またそこから転じたネットミームのことです。

最近では「ちう爺」と呼ばれたり診断メーカー化するなど、ミーム化が拡大しています。

 

 

ミーム化してるの、知らんようやなあ。(笑)

もき(@1112mokinokig62)というTwitterユーザーが、大阪の鉄道・歴史関連のツイートで誰彼構わずに見境なしに、上から目線かつ煽りっぽくリプライを送る(=所謂クソリプ)ことから、不快感を与えるとして一部で有名になりました。

 

文の例としては

・知らんようやなあ。(笑)
・知らんねんなあ。(笑)
・知ってるんかなあ?(笑)
・ちうから!(筆者注:「というから」の濃い関西弁)

など、独特な言い回しがあります。

 

特に「知らんようやなあ」「知らんねんなあ」という上から目線、今どき「句読点+(笑)」を合わせてくるおじさん感が妙に印象に残ることから、2020年末頃からじわじわネットミーム化しつつあります。

 

 

定型文、知らんねんなあ。(笑)

○○ちう○○の「涙ぐましい」歴史、知らんねんなあ。(笑)
関東語訳:(○○という○○の「涙ぐましい」歴史、知らないのね。(笑))

近年では「ちう爺」という呼ばれ方が定着しはじめました。

 

 

関連リンク

【2021年】いまどきの鉄道ファン用語/列車の俗称集

【鉄道ファン用語】自治鉄とは




今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
12月1日(木)
12月2日(金)
12月3日(土)
12月4日(日)
12月5日(月)
12月6日(火)
  • なし
12月7日(水)

新たな現代鉄道用語カテゴリの最新記事