なんばパークス南側の「謎の遺跡」は京阪ホテルへ!2023年春開業

なんばパークス南側の「謎の遺跡」は京阪ホテルへ!2023年春開業

以前から断続的に当サイトでお伝えしている「なんばパークス」南側にある謎の遺跡の続報ですが、一部地区において京阪ホテルとしてオープンするとの発表がありました。

工期は2023年1月までで、開業は2023年春になる模様です。

 

このたび、株式会社ニッピが所有する大阪市浪速区難波中二丁目の土地 2,004.84 ㎡(C 敷地)を賃借し、共同事業にて開発することとしましたのでお知らせいたします。計画している施設は、地上 9 階、客室数 249 室、レストラン等を整備し、株式会社ホテル京阪が 2023 年春に「(仮称)ホテル京阪 なんば グランデ」をオープンさせる予定です。

出典:南海電気鉄道「難波中二丁目 C 敷地における開発について

 

区画は3つに分割

出典:難波中二丁目 C 敷地における開発について

計画イメージ図。9階建てのホテルとなるようですね。北側にはなんばパークスがそびえ立ちます

 

工事予定地。左側のクレーンがある箇所(A地区)はタイ発のリゾートホテル「センタラグランドホテル大阪」が建設される予定です。

今回発表されたのはC地区と呼ばれる線路に近い区画。写真でいうと白い車が見える右手あたりの計画になります。

 

図解してみるとこういう感じ…。おわかり頂けるでしょうか…

 

関連リンク

 

【速報】再開発しているなんばパークス南端から謎の遺跡が出土……専売工場?ニッピの工場跡?



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

9日(火)
10日(水)
11日(木)
12日(金)
13日(土)
14日(日)

京阪電鉄カテゴリの最新記事