京阪プレミアムカーのここがすごい!!

車内設備

上質なインテリア空間

デッキは黒貴重でシックな空間デザイン、座席部分は一点白基調の落ち着いた空間で、ゆったりとくつろげました…!

特に1・2番席はこのように個室風となっており、隠れた穴場となっています。

 

高品質な座席

もともと東レのエクセーヌを使った高品質な座席でしたが、プレミアムカーではその上をいく座席。

指定席車両によくあるテーブルも装備されています。

 

全座席コンセント搭載+スマホ充電器貸出

全座席にコンセントを搭載しています。しかもスマホ充電器の貸出サービスまであるなど素晴らしいサービスぶり。

100V電圧で2Aのコンセント!スマホの急速充電が可能になっています

 

空気洗浄装置「ナノイー」を搭載

パナソニック本社が沿線(西三荘駅)にあることからか、 パナソニック製の「ナノイー」が搭載されています…!

 

途中駅から必ず着席できる

地味ながら多大なメリットがあるのがここですね

京阪本線は終着駅の淀屋橋・出町柳の他、大阪側は谷町線との乗換駅である天満橋駅や、JR大阪環状線との乗換駅で京阪一の利用者を誇る京橋駅が、京都側は東西線・大津線との乗換駅である三条駅や、京都一の繁華街である祇園四条駅と、利用客の多い駅が複数あります。

こうした途中駅からの乗車の場合、着座できないことが多々ありました。

京阪特急は座席やダブルデッカー車など、高品質な車内づくりが売りでしたが、あくまでそのメリットを享受出来るのは着席できればの話で、立席では通常の電車と変わりません。

そこで、今回このプレミアムカーの登場によってその状況が一変。祇園四条や京橋からでも必ず座ることが出来、京阪特急のクオリティを実感できるようになりました

 

 

これが余談ですが、開業日はもう注目の的で、皆さん写真を撮られていたのが印象的でした。

 

デメリットはこちら

京阪プレミアムカーの今ひとつなところ