【東武】481億円の黒字決算を発表。スカイツリーが好調(2023年度)

【東武】481億円の黒字決算を発表。スカイツリーが好調(2023年度)

東武鉄道株式会社は、2023年度(経済用語では2024年3月期といいます)の決算を公式サイト内にて発表しています。

それによると、今期の売上高は6359億6400万円、純利益(黒字)額は481億6400万円となりました。

 

着実に

京成や南海のような派手なインバウンド効果はないものの、他鉄道業と同じく乗車人員の順調な回復を背景にしっかりと黒字を確保してきています。

今年度7月からはN100系「スペーシアX」の運行を開始しており、これも運輸業の好調さを支えているようです。

業種売上高営業利益
運輸業(東武鉄道、バス)2083億円298億円
レジャー事業
(スカイツリー)
1847億円194億円
不動産事業629億円162億円
流通事業1656億円44億円
その他918億円59億円

 

インバウンド関係では「とうきょうスカイツリー」の入場者数・収益が大きく改善した点が挙げられるでしょうか。

昨年度(2022年度)は286万人だったのが、今年度は447万人と1.5倍近くの伸びを見せています。

 

来年は減益

2024年度の計画では、今期より人件費の高騰などで減収を見込んでいます。

また以前もお伝えしたように、野田線や東上線に新車を投入する設備投資計画を発表しています。

 

関連リンク

東武鉄道、新型の「80000系」を投入へ

【東武】東上線に新型車両を導入へ

【京成】876億円の黒字決算!2年連続の過去最高更新(2023年度)

 

今週の鉄道イベント情報

5月17日(金)
5月18日(土)
5月19日(日)
5月20日(月)
5月21日(火)
5月22日(水)
5月23日(木)
5月24日(金)
5月25日(土)
5月26日(日)
5月27日(月)



東武鉄道カテゴリの最新記事