宇都宮ライトレール、11月から試運転を開始

宇都宮ライトレール、11月から試運転を開始

撮影:ヌㇷ゚カナイ様

宇都宮市は、2023年開業に向けて現在整備を進めている「芳賀・宇都宮LRT」(宇都宮ライトレール・ライトライン)の試運転を2022年11月17日から開始すると発表しました。

今月末には宇都宮東口~平石間(7電停)の工事が完了するとのことで、その区間から順次試運転を行っていくようです。

 

試運転概要

出典:国土地理院地図より一部加筆

今回の試運転は

・宇都宮駅東口~平石間 (2022年11月~)
・宇都宮駅東口~芳賀・高根沢工業団地(2023年4月~)

の順で実施されます。

平石停留場には車庫が併設されており、今回はひとまず宇都宮から7駅間の試運転となるようです。

11月26日・27日には、宇都宮駅東口停留場付近で行われる「駅東口まちびらきイベント」にあわせて、HU300形「ライトライン」の展示会も行われるそうです。

 

芳賀・宇都宮LRTについては、2022年度にすべての工事が完了する予定でした。

しかし「野高谷町交差点区間」のみ工事が遅れているようで、全線の工事完了は2023年3月、開業は2023年春を予定しています。

 

芳賀・宇都宮ライトレール概要

全長 複線:14.6km
駅の数 19箇所
軌道区間 併用軌道(最高速度40km/h):9.4km
専用軌道(最高速度70km/h):5.1km
運転時間帯 6時~23時
所要時間 約44分(快速の場合:約38分)
最高速度 時速40キロメートル
需要予測 1日当たり約16,300人(平日)
運行間隔 ラッシュ時:6分間隔
通常時:10分間隔
運賃 初乗り150円~最大400円(対距離制)
運賃収受方法 ワンマン運転(ICカード主体)
車両 HU300形 全17編成
車両定員 160名(着座50名)
車体寸法 車体長:29.52m
車体幅:2,650mm
高さ:3,600mm

 

関連リンク

「宇都宮ライトレール」の路線図や運行ルートまとめ!車両や将来計画は?(ライトライン)

HU300形「ライトライン」編成表・形式紹介(宇都宮ライトレール)

参考文献

宇都宮市「11月17日からライトラインの試運転を開始します」、2022年10月26日

宇都宮市「芳賀・宇都宮LRT事業等についてのお知らせ(令和4年8月17日)

芳賀・宇都宮LRT「ライトラインが宇都宮駅東口にやってくる! 出張ライトライン見学会




今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
11月28日(月)
11月29日(火)
11月30日(水)
12月1日(木)
12月2日(金)
12月3日(土)
12月4日(日)
12月5日(月)
12月6日(火)
  • なし
12月7日(水)

宇都宮ライトレールカテゴリの最新記事