近畿車輛、100系新幹線を学研都市線沿いに展示へ

近畿車輛、100系新幹線を学研都市線沿いに展示へ

東大阪市に本社を置き、数々の鉄道車両製造を手掛けている近畿車輛は、自社内で保存している100系新幹線の先頭車両を再塗装・整備し、学研都市線から見える線路沿いの場所へ移設したと発表しました。

新しく譲受したわけではなく、2011年の引退後にJR西日本から引き取っていたK58編成(122-5009号車)車両と思われます。

 

思い入れのある電車

100系新幹線は0系に続く2世代目の新幹線車両で、登場当初はその特徴的なノーズ・顔立ちが大きな印象を残し「ニュー新幹線」と呼ばれた車両でもあります。

近畿車輛としても、先頭車両や2階建て車両における食堂車のデザイン・設計を担当するなど、思い入れのある車両とのこと。

廃車時の塗装はライトグレー・フレッシュグリーン・ダークグレーの3色でしたが、Googleマップで元のホワイト・ブルーに戻されているのが確認されていることから、搬入時あたりに一度塗り替えられたと思われます。

いわば、今回は「再々塗装」になるでしょうか。

 

ちなみに

100系の保存車は全国で4列車あり、近畿車輛のこの車両のみが非公開となっていました。

・JR東海 X2編成→リニア鉄道館で公開展示中
・JR西日本 V9編成→博多総合車両所で保存。イベント時に公開
・JR西日本 K54編成→京都鉄道博物館で公開展示中・
・JR西日本 K58編成→近畿車輛で非公開保存。今回線路沿線へ移動、展示

 

関連リンク

【今日の記念日】7月1日:東海道新幹線「N700系」、デビュー!

【#初音ミク10周年】「はつね」が命名候補になった新幹線のお話

 

参考文献

近畿車輛「社内保存100系新幹線を移設しました。

 



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
24日(火)
25日(水)
26日(木)
27日(金)
28日(土)
29日(日)
30日(月)
31日(火)
1日(水)

他鉄道カテゴリの最新記事