桜島駅で試験中の「動くスロープ」を見てきました

桜島駅で試験中の「動くスロープ」を見てきました

現在ゆめ咲線桜島駅において、車椅子乗客がスムーズに乗降できる「可動式スロープ」の試験を行っています。

従来、列車とホームとの間は段差があってやや困難なことから、介助する駅員が付き添う必要がありました。

しかし今回のこの装置は、一人で乗降することが容易になるシステムとなっており、JR西日本テクシアと小松製作所が共同で実証実験を実施しています。

 

ダイナミックな動き

まずは動きをご覧ください。メロディと共にうぃーんと黄色いスロープ部分が動いていますよね。

特に列車到着後の動きがなかなかユニークで、「一度上にあがる→若干下がって電車乗車位置と合わせる→せり出す」いう動きになっています。

 

車内からも見てみましょう。スロープが稼働すると殆ど溝がなくなっています。

こちらが通常部分。323系になってマシにはなりましたが、こうしてみてみるとまだまだありますね…。

駅ホームからの動作の様子はこんな感じ。到着時の動き自体は結構ダイナミックですが、一度固定されると結構その差は地味…。

可動部拡大。これだけしか動かないのならどの駅ホームにも設置できそうですね。

 

空中にあるセンサ

この可動式スロープ、どうやって動いているのでしょうか。

…と思って上を見ると、京阪のホームドアと同じように屋根から「戸閉検知2Dセンサ」がありました。

JRの文献によると、その動き方は以下のよぅになっているようです。

① 「列車検知センサ」が列車の到着を検知
② スロープ先端のセンサが乗降口とホームとの距離を計測し、スロープが自動的に張り出し、段差・隙間を埋める
③ 乗降完了後、列車のドアが閉まると、スロープを自動で収納

 

 

こっそりとポスターも

現地に(ひっそり)掲示されているポスター。その内容は次のとおりです。

実証実験場所
JRゆめ咲線 桜島駅 2番のりば(7号車3枚目ドア)

実証実験スケジュール
2021年11月21日~2022年2月10日 10:00~15:00

 

興味深いこの「動くスロープ」、実証実験は来月10日までなので見に行かれる方はお早めに…。

 

関連リンク

【大阪環状線・USJ】マリオの電車が運行開始!LS15編成が担当

【希望のメッセージ】リーベルホテルUSJも連日ライトアップ中!

 

参考文献

JR西日本『車椅子ご利用者の列車乗降支援に向けた取り組み~可動スロープの開発と検証~』、2021年11月17日

 

 



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
22日(木)

JR西日本カテゴリの最新記事