【悲報】京阪、新種別を爆誕させてしまう

【悲報】京阪、新種別を爆誕させてしまう

京阪電鉄が、新種別「黄色い乗車位置」を爆誕させてしまったようです。

 

以下の自動放送を聞くとその実態がおわかりになります。

ね?

 

実は

これ、七条駅の出町柳行き乗り場(1番線)で、どういう理由なのか昨日から流れているもの。

本来「特急」と流れるべき種別の放送枠に、何故か「黄色い乗車位置」という種別ですらない文言が入っているのです。(もちろん、タイトルの新種別というのはジョークです笑)

1日経った今日になっても、まだ直っていません。

 

この妙なエラーを起こしているのは1番線の特急到着時のみで、準急など違う電車や反対側の2番ホームでは通常通りの放送が流れていました。

 

余談ながら「到着します」のアクセントに違和感を感じられる方もいると思いますが、京都方地下駅では大阪方とは違って、元々このアクセントになっています。

 

 

それにしても、現在の自動放送だと「黄色”の”乗車位置」とは流れますが、この放送のような「黄色”い”乗車位置」というセリフパーツはなかったように思います。

放送装置のメモリ参照場所が何かのはずみで間違え、エラーを起こしているのでしょうか…?

 

 

関連リンク

【悲報】京急、壊れる

 



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
24日(月)

京阪電鉄カテゴリの最新記事