【京急】北品川駅の高架化事業がスタート。2030年度完成予定

【京急】北品川駅の高架化事業がスタート。2030年度完成予定

京浜急行電鉄(京急)の北品川周辺1.7km区間において、高架化事業がスタートしました。

事業完了予定は2030年度(令和7年度)を予定しています。

今回の高架化工事で、北品川駅が高架駅へ切り替わる一方、隣の主要駅である品川駅については平面化が実施されます。あわせて現在の2面3線駅から2面4線駅となり、捌ける列車本数が拡大します。

 

北品川駅

高架化された北品川駅は、高さ16mの2面2線相対式ホームとなります。

 

改札前では朝ラッシュを中心に混雑している状態で、歩道橋前では列をなしている状態です。

この他駅前で並走する道路において、駅乗り降りによる駐車での渋滞解消も見込まれています。

 

品川駅

新しい品川駅は、2面4線のホームとなります

図面を見る限りでは上階にも空間があり、改札階や駅ナカ施設などが出来るものと推測されます。

 

ダイヤ異常時には有名なUST(浦賀サイドターン)が行われるこの駅ですが、2面4線化でこのあたりでも動きが出てくるのでしょうか。

現在は3番線到着→北品川方本線上折返し→逆進入で1番線到着というアクロバティックな運用を行っていますが、それが見れるのも残り少ない期間だけかもしれません。

但し、東京都環境局が公開している計画書によると、内側の線路に渡り線が記載されていることから、引き続きUSTが残る可能性もあります。

 

高架化区間概要

・場所:港区高輪二丁目~品川区北品川二丁目

・対象駅  北品川駅(高架化)・品川駅(平面化)

・事業延長:約2.0km(事業区間1.7km)

・除却踏切:3箇所

・事業費用:1247億円

・完成予定:2030年度

 

関連リンク

【悲報】京急、壊れる

【悲報】さよなら京急「ドレミファインバータ」…今年夏に終了へ

【名鉄】知立駅の高架化事業が進行中。2028年度完成予定

 

参考文献

東京都『京浜急行本線(泉岳寺駅~新馬場駅間)の 連続立体交差化計画について

品川区『説明会スライド

東京都環境局『「京浜急行電鉄湘南線(泉岳寺駅~新馬場駅間)連続立体交差事業」事後調査計画書
この文献の情報提供:shigudora様

 



注目鉄道ニュース

2022/07/03 7月に中央線で運行開始、「30000A系」ってどんな電車?大阪メトロがデザイン紹介動画を公開
2022/07/03 西九州新幹線 “親しまれる”愛称を JR長崎駅東口・西口 31日まで市が募集
2022/07/02 地下鉄車両に落書き深夜に男女を逮捕<クイーンズ>

今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
3日(日)
4日(月)
5日(火)
6日(水)
7日(木)
8日(金)
9日(土)
10日(日)
11日(月)

関東系私鉄カテゴリの最新記事