京急、1000形1890番台の愛称は「Le Ciel」(ル・シエル)に決定!

京急、1000形1890番台の愛称は「Le Ciel」(ル・シエル)に決定!
出典:https://www.keikyu.co.jp/company/news/2021/20210615HP_21038EW.html

京浜急行電鉄は、今年5月から営業運転を開始した1000形1890編成車両の愛称を「Le Ciel(ル・シエル)」に決定したと発表しました。

当初は9月末に発表予定でしたが、応募総数は京急側の予想を超える3,087件あり、時間をかけて京急社員の投票によって最優秀賞が決定しました。

 

最優秀賞

・Le Ciel(ル・シエル)

最優秀賞を獲得したのは、Twitterのユーザー「風の谷のさてう」さんです!

フランス語で「空」を意味するこの愛称は、かつて京急が運行していた座席指定特急「ラ・メール号」をオマージュしている他、1890形特有の設備であるロングシート・クロスシート(L/C)、および高級感のある響きをイメージ。

日本語だと4文字で覚えやすく、空がよく見える京急のイメージに合致したもの。

…と、様々な意味をもたせた実に秀逸なネーミングとなっています。

 

優秀賞

・レッドラビット(赤うさぎ)
・飛躍
・サンサン号
・幸風

惜しくも届きませんでしたが、この他これらの名前も候補に上がっていたようです。

新しい愛称は2022年3月以降、1000形1890番台の側面部分に掲出予定です。

 

関連リンク

【悲報】さよなら京急「ドレミファインバータ」…今年夏に終了へ

【京急】北品川駅の高架化事業がスタート。2030年度完成予定

 

参考文献

京急電鉄「新造車両の愛称決定について

 

 



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
8日(月)
9日(火)
10日(水)
11日(祝)

関東系私鉄カテゴリの最新記事