【悲報】JR東日本のグリーン車、最大25%の値上げへ

【悲報】JR東日本のグリーン車、最大25%の値上げへ

JR東日本・JR西日本は、東北・山形・秋田・上越・北陸の各新幹線と、JR東日本内におけるグリーン車やグランクラスなどを2022年春より値上げすると発表しました。

値上げ幅についてはキロ数によって異なりますが、最も値上げ幅が高い区間については25%程度の値上げとなります。

尚、JR西日本は東日本と直通運転をしている北陸新幹線のみが対象で、その他線区については適用対象外となります。

 

対象

JR東日本

・東北・山形・秋田・上越・北陸の各新幹線のグリーン車・グランクラスに適用する料金
・在来線特急列車のグリーン車に適用する料金
・「サフィール踊り子」のプレミアムグリーン・グリーン個室に適用する料金

JR西日本

北陸新幹線のグリーン車・グランクラスに適用する料金

 

いくら値上げ?

参考までに、グリーン車料金の値上げ幅は次の通りです。

グリーン料金 現行 値上後
100キロまで 1,050円 1,300円
(+250、20%)
200キロまで 2,100円 2,800円
(+700、25%)
300キロまで 3,150円 4,190円
(+1,040、25%)
400キロまで 4,190円 4,190円
(変化なし)
500キロまで 4,190円 5,400円
(+1,210、22%)
600キロまで 4,190円 5,400円
(+1,210)
700キロまで 4,190円 5,600円
(+1,410、25%)
701キロ以上 5,240円 6,600円
(+1,360、20%)

最も額面が高いところで、700キロまでの料金が1,410円の値上げ(+25%)となります。

一方、100キロまでの値上げは最低限に抑えられている他、301~400キロについては変化なしとなりました。

この距離は、例えば東京~仙台間など東北新幹線の利用者が多い区間となります。

 

 

実は「元通り」に

現行のグリーン車料金は2002年の東北新幹線八戸延伸時に値下げされた料金で、JR東日本は他JR線よりも安価なグリーン料金を適用してきました。

しかしコロナウイルスの影響で利用客が大幅に減少。2020年度決算では過去最高の5779億円の赤字を出すなど、経営的に苦しい環境にありました。

相対的に見ると値上げとなりましたが、実質的には元の水準に戻したものとなっています。

 

 

関連リンク

【速報】JR東日本、民営化後初の赤字決算5779億円を計上

 



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
6日(月)
7日(火)
8日(水)
9日(木)
10日(金)

JR東日本カテゴリの最新記事