【近鉄】新型の観光特急を計画中(2022年以降)

【近鉄】新型の観光特急を計画中(2022年以降)

2021年5月14日、近鉄グループホールディングスは修正した中期経営計画を発表しました。

その中で、2022年以降に新たな観光特急の運行を計画している、という文言が掲載されています。

 

近鉄の厳しい経済事情を鑑みるに、おそらくは「青の交響曲」のような既存列車の改造電車でしょうか。

下部に「マイクロツーリズム」について触れられていることから、難波・京都から奈良方面への観光特急になるのかもしれませんね。

 

名前は?

実は、近鉄は2019年に多数の商標取得を行っています。

これらが特急の名前として使われる可能性があるのではないか…という話が出ています。

あやかぜ
・あをによし
・常若/トコワカ
・天平
・お伊勢さん 常若
バンビ

類似群コード39:鉄道による輸送,車両による輸送,企画旅行の実施,旅行者の案内,旅行に関する契約(宿泊に関するものを除く。)の代理・媒介又は取次ぎ

 

2018年に「ひのとり」が、2015年の「青の交響曲」が同様の類似群コード39で申請されていることから、これらは鉄道の愛称名にも使用される可能性があります。

仮に奈良方面への観光特急だった場合、特に伊勢志摩観光特急としてデビューしている「しまかぜ」の流れを汲む「あやかぜ」や、子鹿の意味がある「バンビ」は有力な候補ではないでしょうか。

この他、奈良線-夢洲直通の特急に使われる可能性も示唆されていますが、果たして…?

 

関連リンク

【悲報】近鉄さん、売上高5000億円が吹っ飛んでしまう(2020年度決算)

【速報】近鉄、福山通運を売却へ。60年来の資本関係を解消

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

22日(火)
23日(水)
24日(木)
  • なし
25日(金)
26日(土)
27日(日)
28日(月)
  • ↑↓
29日(火)
  • ↑↓
30日(水)
1日(木)

近畿日本鉄道カテゴリの最新記事