【悲報】近鉄さん、売上高5000億円が吹っ飛んでしまう(2020年度決算)

【悲報】近鉄さん、売上高5000億円が吹っ飛んでしまう(2020年度決算)

「恐れていた!!近鉄GHDの大幅減収宣言!!!」…とでも言いましょうか。

近鉄の持株会社である近鉄グループホールディングス株式会社は、2020年度(2021年3月期)の決算を発表しました。

それによりますと、前年度1兆円を越えていた売上高は約5000億円マイナスの6972億円に、黒字か赤字かを示す「親会社株主に帰属する当期純利益」は、601億円の赤字決算となりました。

 

前年度との比較

売上高 営業利益 純利益
2020年度 6972億円 621億円の赤字
601億円の赤字
2019年度 1兆1942億円 493億円の黒字 205億円の黒字

※営業利益…営業によってもたらされた金額。
純利益…税金を支払ったり補助金額を足しての金額

売上高が大幅に減少したことにより、業界ランキングの王座を東急に譲り渡し業界2位となりました。

 

営業利益については、他鉄道会社と同じく鉄道・バスなどの運輸のマイナス(▲246億円)もさることながら、ホテル・レジャー業の損失が深刻(▲492億円)。

今期決算では不動産事業で取り返している企業が多いですが、近鉄の場合は+148億円と運輸部門の赤字を埋めるにも至らず、焼け石に水の状態です。

 

 

関連リンク

京阪HD、45億円の赤字計上(2020年度決算)

JR四国、80億円の赤字。過去最低を更新(2020年度決算)



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

12日(日)
14日(火)

近畿日本鉄道カテゴリの最新記事